2016イタリアたび〜ヴェネツィア〜

 

イタリア料理教室La mimosa 9月のレッスン、全クラス終了しました。
中部地方のお料理、お楽しみいただけたでしょうか?
今月は復習しやすいものが多いので、是非ご自宅でも再現してみてくださいね。

 

*** *** ***

 dsc_1079-1

さて、イタリア旅行記もラストスパート。
美味しいものの総まとめ、一気にいきますよ〜

義両親とのイタリアたび、最後の土地はヴェネツィア。
やはりね、ここは外せないですよね。
アクセス方法はいろいろとありますが、鉄道駅から出て運河を目前にした時の感動を味わってもらいたくて、あえて王道のコースで向かったところ、義両親大喜び!
移動の疲れも吹き飛ぶくらいの興奮ぶりでした。
水上タクシーに乗り換えて、リアルト橋を望むホテルへ。
ここまできたら、節約してもしょうがない。
二人が喜ぶ顔を見たくて、The!ヴェネツィア!!なホテルにしました(笑)

チェックイン後、少しお散歩してお腹を空かせ、これまた王道なTrattoria alla Madonnaへ。
ヴェネツィアの老舗レストランで、ガイドブックにも掲載されている有名店ですが、地元の友人が「最近また美味しくなった」とのコメントを寄せてくれたので、ヴェネツィアビギナーな義両親にはちょうど良いかなと思い予約しました。

このお店の名物「蜘蛛蟹のサラダ」。
大きめの甲羅にたっぷり身がつまっているので、軽い前菜としてシェアして食べるのにちょうど良いボリュームです。
乾杯のプロセッコと一緒に楽しみました。

これは私がオーダーした「鰻のグリル」。
いわゆる白焼きですね。
カリッと焼き上げた肉厚の鰻は、中はほわほわ。
オリーブオイルと塩、レモンでシンプルに食べるのですが、これがまぁ美味しい!
思い出してもうっとりしちゃうくらい、かなりのヒットでした。

 

翌日は実両親の時もお願いしたガイドさんと合流し、島巡りへ出発。
私も大好きなブラーノ島へ。
昔、霧の深いヴェネツィアの海へ漁に出かけた漁師さんが、遠目からでも家を間違えないように塗り分けされたカラフルなおうち達。
今もその伝統は厳しく守られていて、壁の色を変えるのに申請から3年もかかるのですって。
でも、そのおかげで何度訪れても感動してしまう景観が楽しめます。

ブラーノでは、ランチも楽しみました。
ヴェネツィアNo,1との評判の「イカ墨のスパゲッティ」。
魚介類がさほど得意ではない義母もこれは食べてみたかったらしく、念願かなって満足してました。
魚介大好きな私が食べてもとても美味しかったですよ。

この日はこの他にもブラーノ島のガラス工房を見学したり、ゴンドラに乗ったりして1日中ヴェネツィアを満喫しました。
暑い日だったので義両親の体力が心配でしたが、好奇心が勝ったようで、最後まで興奮気味に歩いてくれたので良かったです。
ホテルで少し休憩し、スーパーでお土産を選んだり、軽い夕食を食べたりして、最後の夜を堪能してもらいました。

義両親をホテルへ送り、おっとと二人で反省会。
お互い、労い合いました(笑)

でも、義両親との海外旅行、確かに多少の気は使いますが、
嫁を17年もやっていると言いたい事を言える関係になってますし、好奇心旺盛で体力もある義両親は一緒に旅を楽しんでくれるので、私もアテンドのしがいがありました。
楽しそうな笑顔を見てると、私も嬉しいですし。

私は実母を17歳の時に亡くしているのですが、間に合わなかった後悔というものをたくさん抱えて生きてきました。
あの時ああしていれば、とか、これを伝えておけばよかった、とか。
おっとには私のような後悔をして欲しくないし、私自身も同じ後悔はしたくない。
でも、一緒に過ごした楽しい思い出を作っておけば、お別れがきた時に、悲しみに混ざる暖かい感情が生まれることも知っています。
幸いなことに義両親も、実両親もまだ元気でいてくれそうなので、今は一緒に過ごす楽しい時間を作ることを頑張りたいなと、この旅を通じて改めて思いました。

 


おっとは、両親と気の強い嫁に挟まれて疲れたそうですが^_^;

 

 

Trattoria alla Madonna

住所:Calle della Madonna, 594, 30125 San Polo, Venezia
電話:+39 041 522 3824

人気店ですが、席数が多いので予約は取りやすいようです。
サービスもそつがなく、きびきび。
お値段もヴェネツィアにしては手ごろで、コスパが良いと思います。

 

Trattoria al Gatto Nero

住所:ia Giudecca, 88, 30142 Burano, Venezia
電話: +39 041 730120

ブラーノ島の人気レストラン。
昼食時には人が集中するので、島巡りを決めたらすぐに予約をした方がいいですよ。
イカ墨のスパゲッティは必食。

 

 

さて、いよいよ次でラスト!
嫁、羽を伸ばす編です(笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。