2016 イタリアたび〜アオスタ・グルメ編〜

 

イタリア料理教室La mimosa 8月レッスンも無事に終了しました。
皆様、お暑い中ありがとうございました。
夏のパーティーメニュー、いかがでしたでしょうか?
復習しやすい手軽なものもあるので、ぜひ暑いうちに作ってみてくださいね。

 

*** *** ***

 

さて、しばらくお休みしていましたイタリア旅行記を再開します。
今日はアオスタの美味しいもののお話を。

ヴァッレダオスタ州は、山間の州。
食材の中心は、お肉とじゃが芋、そして乳製品になります。
アオスタは観光客が集まる街なので、洒落たレストランも多く、意外に選択肢は多かったように思います。

上の写真のお店は、宿の人に勧められたレストラン。
「郷土の家庭的な料理が食べたい」と言った私のリクエストに対して「魚料理や地方料理もあるけれど、郷土料理のレベルが高い」と言って勧めてくれました。
確かにメニューには首をかしげるような不思議なものもありましたが、お店のお姉さんが丁寧に説明してくれた郷土料理はどれも美味しく、家族全員大満足な夜になりました。
(リゾットもあったので、義父が食べやすくて喜んでました^_^)
特に、最近日本では食べにくくなった「仔牛のタルタル」は、翌日も食べに行こうか悩んだほど。
カジュアルな雰囲気のお店ですが、高齢の義両親にはかえって居心地が良かったようです。

Torattoria Al Dente

住所:Via Croce di Citta’ 34
, 11100, Aosta,
電話:
+39 (0)165194596

 

 

翌日の夕食は軽く食べたい、という気分で選んだお店。
義両親は遅い昼食でギブアップだったので、おっとと二人で出かけました。
メニューを眺めながら街をぶらぶらして決めたお店ですが、この日の気分にぴったりなお店でした。
オステリアなんですが、ピッツァがあったりして「外したか?!」と思ったのですが、お料理のクオリティが高く、地元のお客さんで大賑わい。
写真は日本ではお馴染みバーニャカウダですが、もともとはピエモンテやヴァッレダオスタの冬の郷土料理です。
夏でも夜は肌寒く感じたのでオーダーしましたが、旅行中の野菜不足を一気に補ってくれて、胃もスッキリ♪

メインの代わりに頼んだ、アオスタの郷土料理「Valpellinentze」。
イタリア語っぽくなくて発音が難しいのですが、ちりめんキャベツとフォンティーナチーズのスープで、オニオングラタンスープのキャベツ版と言ったところでしょうか。
これも冬のお料理だと思いますが、きりりっと冷えた白ワインと一緒に楽しむのも意外に美味しく、ハフハフ言いながら完食。
チーズがこってりなんですが、キャベツもたっぷりなので、見た目よりは軽い印象です。
とても気に入ったので、寒くなったらレッスンでもご紹介しますね。

 

Osteria dell’Oca

住所:Aosta Via Edouard Aubert 15, 11100, Aosta,
電話:+39 0165 231419

 

 

 

アオスタでは思いの他バリエーション豊かなお料理が楽しめて、初訪問の街なのに美味しく楽しめました。
「今度は秋や冬に行ってスキーや暖炉を楽しむか」、「いやいやプールでしょ〜。避暑にまた来たい!」と、旅が終わっても楽しく想いが巡る素敵な街でした。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。