2016イタリアたび〜フィレンツェ・Torattoria Da Ruggero〜

 

美味しい昼食を食べた後、義両親はガイドさんと市内観光へ出発。
私たちはその間に旅行に必要な雑用(電車のチケットを購入したり、携帯電話ショップへ行ったり、義両親がホテルのお部屋でおやつに食べる食料を調達したり…)を済ませ、夕方ホテルで落ち合い、夕食に出かける予定でした。

ところが!
帰ってきた義両親、朝から歩き回って疲れてしまったのと、朝食・昼食と食べ過ぎてしまったようで、外出しての夕食はパスしたいと…
まさか旅行2日目にして日本から持参した非常時用和食が活躍するとは思いませんでしたが、持ってきて本当によかった。。
結局、義両親にはホテルの部屋で持参した和食で簡単に済ませてもらって、早く休んでもらいました。

さて私達はどうする?となり、日曜日の混み合う時間のディナーの予約を全キャンセルするのも申し訳なく、後ろ髪引かれながらレストランへ向かいました。

 

こちらは、前回フィレンツェに来た時に訪れて、すっかりファンになってしまったトラットリアです。
名物は写真の「アリスタ」(香草を効かせたローストポーク)で、トスカーナ地方の郷土料理でもあります。
豚肉好きなおっとに食べさせたかったのですが、案の定、とても気に入った様子。
がっつりしてるように見えますが、その通りガッツリ!です(笑)
でも、香草やにんにくが効いていて、ほろほろとほどけるような肉質、トロッカリッとした皮目など、食べ飽きしない美味しさです。

 

こちらは私がオーダーした、ポルペッティです。
柔らかいのに肉肉しい、肉の食感や旨みは十分感じられる美味しいポルペッティです。
こういう風に作りたいな〜

DSC_0948

他にトリッパのサラダやチーズなどを食べ、ワインをグラス+ボトルで飲み、これでお会計が2人で80ユーロ弱。
ボリュームもたっぷりで、コスパの良さから地元の人でとても賑わっています。
テイクアウトもできるので、夕飯のおかずを買いに来る人もたくさん。
中心部からは少し離れていますが、お腹いっぱい美味しい家庭料理を食べたい時には筆頭に上がる良店です。

 

 

Torattoria Da Ruggelo
住所:Via Senese, 89/red, 50124 Firenze
電話:055 220542

こちらも嬉しい日曜日営業。
でも人気のお店なので、昼夜問わず予約は必須です。
メニューは日替わりで手書きのイタリア語のみなのでちょっと難易度高めですが、アリスタは定番メニューとしてあるようです。
中心部からは徒歩で30~40分、タクシーで10ユーロくらい。路線バスもあります。
この道で合ってるのかな??と不安になる頃にお店はあるので、がんばってたどり着いてください。
出入り口付近はテイクアウト客で混雑してるので、まずは店員さんを見つけて声をかけましょう。
個人的にはこういうトラットーリアが一番好き!

 

 

La mimosa 公式  Instagram でも旅行記事をUPしてます。
携帯SIMをゲットしたので、更新頻度あげていきます!
よかったら覗いてみてくださいね。
アカウントを持っていなくても、下のバナーをクリックすると見ることができます。
コメントも大歓迎です!

 

Instagram

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。