2015冬のイタリアたび〜Termoli2〜

 

Termoliに行く事に決めた時、心配だったのがレストラン。
シーズンオフの海辺のリゾート地で、どのくらいのお店が開いているかちょっと不安でした。
事前に調べておいても、臨時休業はままあるだろうと、その時はバールでパニーノで我慢しようか、くらいに考えていました。
でも、私みたいな酔狂な観光客が、街を散策している姿がちらほら見られ、宿の人に聞くとお店も多少は空いているようです。
幸い行ってみたかったこの宿の系列のお店は営業していたので、迷う事なく予約をしました。

Ristorante Svevia、ここはミシュランの星も取っています。
好みで言えば、土地の料理が食べられる家庭的なTorattoriaの方が好きなのですが、ここ Termoliで星付きというのが気になってトライしてみることにしました。

予約の時間に扉を開けると、数組の先客がいてちょっとホッとし、名前を告げてテーブルに案内されました。
中はカンティーナを改装したような石造りのモダンなインテリア。
ゴールドを基調にしたテーブルセッティングが、外の閑散さとのギャップを放っています。

メニューはアラカルトに、2種類のフルコースがあります。
一人でも色々なお皿が食べられるのでコースにしようと思いましたが、料理の内容をよく見ると、3皿もトマトが使われたお皿が有り、ちょっと思案。
味が被るのは嫌だしな、と思ってアラカルトを眺めると、面白いお皿を見つけました。
カメリエーレに、コースの内の一皿をアラカルトメニューの内の一皿と交換することは出来るかどうか聞くと、すぐに厨房に確認に行ってくれて、OKとのこと。
心置きなく、アレンジしたコースでお願いしました。

ワインはTermoliのカンティーナの白ワイン。
大好きなファランギーナがあったので、即決で。

一皿目は、たことセロリのサラダ。
よくあるお皿かと思いましたが、セロリのカットが独創的で、なるほどーと楽しくなり、一口食べて更に楽しくなるような、スタートにふさわしいお皿でした。

次は、ムール貝、シャコなどのはいった、パンコット。
パンを魚介の旨味で煮込んだ、なかなかボリュームあるお皿です。
美味しかったけど、ちょっと塩気が強いかな?

これが交換してもらったお皿、ブッラータ(モッツァレッラ)の入ったラビオリのイカスミソース和え。
チーズにイカスミ??と思って、敢えて選んでみました。
日本人には悪くないけど、イタリア人的には好みが分かれるだろうなぁ、という印象。
私はイカ好きなので、美味しく食べちゃいましたけど。
ちなみに、元のメニューではムール貝とあさりのパスタ、トマト入りでした。

これが食べたくてこのコースにした、ブローデット。
魚介をブロードで煮込んだもので、今日はホウボウとチコリ入り。
カメリエーレがワゴンで運んできてくれて、うやうやしくサービスしてくれました。
後ろのおじさんが「やるな!」って顔で見てた(笑)

このお皿は、文句無しに素晴らしかった!
ホウボウはふっくらと煮上がっていて、臭みは全くなく、ほわんとよい香りが漂います。
チコーリアの優しい苦味がアクセントになり、トマトは甘みが強調され、そのままでも、ホウボウにからめてもGood!

この美味しいスープを残すことなく楽しめるように、最初に提供されたパンとは別にしっかりと炙ったパンを添えてくれます。
お腹苦しいけれど、食べちゃうよね。

お腹がいっぱいで存在を忘れていた、ヤリイカのフリットが出てきました。
大好物のイカフライ、嬉しいけれど、辛い…
そして、ブローデットの余韻が崩れてしまうので、これは最初のセコンドとして提供した方が良いんじゃないかな??

もうドルチェはパスしようかなと思っていたら出てきてしまった、リコッタのセミフレッド。
お客さん少ないから、サービスも早い。。
洋ナシと黒トリュフがかかっていて、リストランテ風です。
見た目だけかな?と思っていた黒トリュフ、意外なことに上手くまとまっていて、美味しかった。
ちょっと残してしまったけど、最期を飾るのに相応しいドルチェでした。

 

同業的にはちょっと辛めに見てしまいましたが、ゲストの様子をきちんと見ていてくれる優秀なカメリエーレ、柔軟に対応してくれる料理とサービスはさすが星付き。
冬の閑散としたリゾート地で、一人でも居心地よく食事ができてとてもよかったです。
暖かな気持ちで扉を閉め、階段を登ってベッドに直行できたのも、嬉しい誤算でした。

 

Ristorante Svevia

住所:Via Giudicato Vecchio, 24, 86039 Termoli CB,
電話: 0875 550284

お客さん比率は、男性グループ×1、男性2人組×3、男性1人×2、そして私。
皆んな遠慮なく見てくる見てくる(笑)

 

*** *** ***

La mimosa 公式  Instagram ではごはん以外の裏ネタもご紹介していますので、よかったら覗いてみてくださいね。
アカウントを持っていなくても、下のバナーをクリックすると見ることができます。
もちろん、フォロー大歓迎。
コメントや質問も、お気軽にどうぞ。
タイムライン的につぶやいてます^_^

 

Instagram

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。