2015冬のイタリアたび〜Ravenna1〜

 

旅行鞄に荷物を詰めなおし、寒いPadovaを出発してエミリア・ロマーニャ州のRavenna(ラヴェンナ)へやってきました。

ここには2泊するので、ちょっと良いホテルに。
フロントの美人なお姉さんが、バスタブ付きの広いお部屋にアップグレードしてくれてとっても快適♪
今までの経験上、チェックイン時に美人さんにあたると、とても快適に過ごせること多し。
彼女もとっても気が利いていて、アドバイスが的確で色々と助かりました。

早速ごはんを探しに向かいました。
ちょっと気になるお店があり、閉店まであと30分だけどとりあえずそこへ。
外のメニューを眺めると美味しそうだし、聞くだけ聞いてみるとOKとのことで、テーブルに着きました。

うさぎのロマーニャ風煮込み、熱々で出てきました。
お肉がほろほろしていて、でもしっかりとした噛みごたえがあり、骨まわりの旨みの濃さといい、とても美味しい。
付け合わせのジャガイモもかりっとホクホクで、うっかり完食しそうな勢いでした。
(完食すると他が入らなくなってしまうので、一人旅の時は腹八分目に控えてます、、)
添えられたパンは、この辺りでよく食べられるピアディーナというパンです。
ラードを練りこんでいるので、サクサクと歯切れがよく、甘みもあってとても美味しいんですよ。

お店の人もとても感じよく、美味しく気持ちよく食事ができました。
他にも気になるメニューがあったので、翌日も来ようかと思ったら定休日とのこと。
残念!

食事の後は、Ravennaを有名にしているモザイク画を見学しに、街に点在する教会を訪ねて歩きました。

私のレンズは食べ物を撮る用のものなので、遠距離のものを撮るのは限界があるのですが、雰囲気だけでも感じ取ってもらえるかな?

宗教画に混ざって、こんな牧歌的なモザイク画も。
女性なら、絶対「カワイイ!」と声を上げてしまうはずです。

Ravennaは規模もほどほどの大きさで、ほぼ徒歩で観光できるので、とても歩きやすいです。
ナターレ(クリスマス)の装飾品をお買い物したり、次のレストランを品定めしたりしながら、のんびり散歩を楽しみました。

 

Trattoria la Rustica

住所:via Massimo d’Azeglio, 28
TEL:0544 218128
HP:http://www.trattoria-larustica.it/

ここ、本当に美味しかったです。
オススメです。

 

 

La mimosa 公式  Instagram ではごはん以外の裏ネタもご紹介していますので、よかったら覗いてみてくださいね。
アカウントを持っていなくても、下のバナーをクリックすると見ることができます。
タイムライン的につぶやいてます^_^

 

Instagram

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。