イタリア料理教室La mimosa 7月レッスンメニュー

 

イタリア料理教室La mimosa 7月のレッスンがスタートしました。
メニューの詳細をご案内いたします。

 

Antipasto   Pure’ di EADAMAME e Gorgonzola
枝豆とゴルゴンゾーラのプレ

ずんだ餡をヒントに思いついた、美味しいペースト。
甘く香ばしい枝豆はイタリアにはないものですが、癖のあるゴルゴンゾーラと合わせても負けない個性を発揮します。
パンにたっぷり乗せて、よく冷えたスプマンテと一緒にどうぞ。

 

Primo Piatto   Insalata di Riso
お米のサラダ

イタリアの暑い夏によく食べられる、お米のサラダ。
夏野菜、チーズ、モルタデッラなど、たっぷりの具材を合わせて彩りよく仕上げます。
食材の食感の違いがアクセントになり、食欲の落ちがちな夏にも美味しく食べられますよ。

 

Secondo Piatto   Scaloppine di Maiale al Limone
豚フィレ肉のスカロッピーネ レモン風味

柔らかい豚フィレ肉にレモンのソースを絡ませた、セコンドピアット。
レモンの酸味でさっぱりなのに、メイン料理としてのボリュームも出るようにソースに工夫をしてあります。
調理時間は短いので、長時間火を使いたくない夏場の調理にもオススメ。
簡単なのに、お店で食べるような上等な一皿です。

 

Dolce   Pesche ripiene
詰め物をした桃

こちらもイタリアではポピュラーな夏のデザート。
桃にチョコレート風味のアーモンドクリームを詰め、オーブンで焼き、バニラアイスを添えます。
定番ドルチェですが、そこにLa mimosa流の一工夫。
目でも、舌でも、香りでも楽しめる、美味しいデザートです。

 

今月のmieux-mieuxさんセレクトのワインは、

i vini Italiani
FRANCIACORTA BRUT STILE(右)
ロンバルディア州の高級スプマンテ、フランチャコルタをカジュアルに楽しめるように作られた日本限定品。
白桃のような香りにスムースなきめ細かい泡立ちは、カジュアルラインながら、さすがフランチャコルタ。
ゆるっと過ごしたい、暑い夏の昼下がりにぴったりです。

’11 FAMOUSO RUBICONE(左)
エミリアロマーニァ州の土着品種ファモーゾ100%で造られる白ワイン。
白ワインながら感じられるハーブやスパイスの香り、柑橘類のピーリーな苦味、ゆるやかな酸味。
複雑な余韻のあるワインです。
最近のmieux-mieuxさんのお気に入りだそうですが、私もとっても好みでした!

 

今月はロンバルディア州、エミリア・ロマーニァ州のお料理を中心にご紹介しています。
秋冬のイメージの強い北イタリアですが、やはり夏は暑い。
食欲が湧くような、工夫を凝らした夏メニューも多いのです。
調理時間は短く、それでいてちょっと特別感のあるお料理でメニューを構成しました。

残り日程の空席状況は、

7月13日(月)11時〜  残2席
7月14日(火)11時〜  残1席
7月17日(金)11時〜  満席
7月18日(土)11時〜  残1席
7月19日(日)11時〜  残1席
7月21日(火)11時〜  満席

上記のようになっています。
体験レッスン、ワンレッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください。

 

久しぶりに気管支炎を発症してしまいました。
もうだいぶ良いのですが、声はまだちょっとお聞き苦しいかも。。
脳内でおじいちゃんをイメージしながら副音声でお楽しみください(笑)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。