2014欧州食旅~イタリア・トリエステ~

 

 

クロアチアに別れを告げ、いよいよイタリアに上陸する日がやってきました。
トリエステは、過去にヴェネツィアから鉄道で行ったことはあるのですが、バス、しかも国境越えをしながら行くのは初めてです。
ポレチュからスロヴェニア国境を通り、イタリアに入るルートです。
アドリア海に沿っての移動になるので、あえて夕陽が美しい時間帯のバスを選びました。

ポレチュには小さいながらもバスターミナルがあり、国境を超える長距離バスから、近距離を周る路線バスまで一通りのバスが発着します。
カウンターでしつこいくらいに質問をして、バスチケットを購入。
指定されたバス停で、ワクワクしながら待ちました。
すると、それらしきバスがすーっと到着。
表示が何も書いていなかったので、運転手さんに聞いてみると、「スクールバス」とのこと。。
んー
でも時間だし、それらしきバスはないんだよな~
と思いながらキョロキョロしていると、「TRIESTE」の表示が目に入りました。
ん?
あれ?!
半信半疑ながら、そのバス?に近づき、運転手さんにきいてみると「そーだよ。早く乗って!」との回答。
えぇー
どう見ても8人乗りの、このワゴンに乗るんですか?
これで国境を超えるの??
先に男性が1名乗っていて、軽く聞いてみたところ「Si!」とのご回答。
ほえぇー
もしかしたら需要が少ない路線orシーズンオフ?のせい??
スクールバスに負けた(笑)

まるで近所のおじさんに海に連れていってもらう子供達、みたいな雰囲気でバスは出発。
夕陽に染まるアドリア海を脇目に、2時間ほど揺られてスロヴェニア国境に到着しました。
パスポートコントロールで車は停止。
係官のおじさんが近づいてきて、パスポート没収。
あれ?EU内の移動って確認だけじゃないの??
と若干緊張していたら、スタンプを押して返してくれました。

このスタンプ、車のデザインなのが分かります?
陸路の国境越えでは、このデザインみたいです。
ちょっと嬉しい♪

そして更に車は進み、30分ほどでイタリア・トリエステに到着~
あれ?パスポートコントロールなかったよ。
さすがイタリア!(笑)

早速ホテルにチェックインし、夜の街を散策。
5年くらい前に来た時は昼間、かつ日帰りだったので、今回はライトアップされたイタリア統一広場をゆっくり眺めることができました。

その後は夕食へ。
以前来た時に食べて感動した、「Buffet da pepi
この一皿の為に、トリエステに戻ってきたかったんです。
茹で肉ミスト、やっぱり美味しかった~
色々な部位をマスタードやホースラディッシュでいただきます。
ほわほわと湯気を立てるお肉はぷるんぷるんに柔らかく、ビールにも赤ワインにもGood!

以前は今よりもっとイタリア語が不自由で(今も十分不勉強ですが。。)お店の人達の会話がほとんど聞き取れなかったのですが、今回はびっくりするくらい耳に入ってきました。
前はなんとなく怖い印象のあったおじさん達でしたが、イタリア語で会話してみたらお茶目なこと!
自分の余裕のなさを棚に上げて、とんだ失礼なことを思っていたんだな~と気が付きました。
そんな気持ちの溶解もあり、友人と美味しさに更に盛り上がりながら食事しました。
おじちゃん、また来るね!

翌朝は、統一広場のカフェ「Caffe` degli Specchi」へ。
創業1839年創業の、老舗カフェです。
友人がチョコレート好きなので、チョコが美味しいこのお店を選びました。
カッフェを頼むと、ホットチョコレートが付いてきました。
ここのサービスみたいです。
ナポリではカッフェにお水が付く事が多いですが、ホットチョコとは!
優雅な雰囲気で、お菓子も美味しく、移動の為のパワーチャージができました。

次は、電車でウーディネへ。

 

 

da Pepiのおじさん。
怖くなくなったのは、私がおばちゃんになったからという気も若干する。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。