2014欧州食旅~クロアチア・ポレチュとロヴィニ~

 

La mimosa 4月のレッスン、全て終了しました。
皆さまお疲れさまでした。
ドルチェにご紹介したズッコットですが、冷凍庫から出してすぐに型から外すと、生地の表面がくっつかずに外しやすいようです。
お試しくださいね。

 

さて。
さてさて。
もうすぐGWですね。
今年はカレンダーの並びが良いので、長い連休になる方も多いと思います。
私も今日で対外的な仕事は一段落。
細々とした事務仕事はありますが、気分的にはバカンスモードです♪

と思ったら、去年の旅行記終わってなかった。。
しかも、まだイタリアに上陸していないっていう…orz
というわけで、今日から連続で残りの食旅日記をUPしていきたいと思います!
もう皆さんには忘れられてしまったかと思いますが、ブタペスト(ハンガリー)~ザグレブ・プリトヴィツェ・ドゥブロヴニク(クロアチア)と綴ってまいりました。
その後、空路ザグレブに戻り、アドリア海を目指しバスで移動。
イストラ半島のポレチュに宿を取りました。
着いた頃には真っ暗で、とりあえずホテルのバーで夕食を済ませ就寝。
あ、シャワーのお湯が出ないとかのアクシデントはありましたが、立派なリゾートホテルだったので、それはそれは快適でした。
この辺りはは公用語がクロアチア語とイタリア語なので、イタリア語がほんの少しな私でも居心地がよかったです。

翌日は日帰りでロヴィニへ。
ポレチュからバスで1時間ほどの港町です。
上の写真は、ロヴィニの大聖堂の上から撮ったものです。
オレンジ屋根がドゥブロヴニクに似ていますが、なんというか、もっとのんびりとした空気が漂っていました。

お天気が良かったのも大きいかもしれません。
この日まではあまりお天気には恵まれませんでしたが、ここから打って変わって晴天続き。
日中は半袖になってもいいくらいの暖かさです。
猫も例外ではなく太陽の恩恵にあずかっています。
そう、ロヴィニは猫天国の街でもありました。
お魚もたっぷりだし、太陽もたっぷりだし、そりゃあリラックスしちゃうよね。

絶景が広がる場所があちこちにあって、美味しい魚とワインがあって、人間も笑顔にならない訳がありません。
イストラ半島は美食のエリアとしても知られていて、魚の他に、トリュフなども有名です。
このレストランでも、山海両方のお料理が楽しめました。

翌日はポレチュの街を散策。
この為に時間をたっぷり取っておいた、エウフラシウス聖堂を見学しました。
ビザンツ様式の豪華な建築に、ため息がでるほどのモザイク画が点在しています。
携帯の待ち受け画面にしようと思い、真剣に選んだモザイク画が上の写真。
円が重なる模様が、縁起が良いような気がして選んでみました。
もしよかったら、皆さんもどうぞ~

見学の後は街をぷらぷらし、お買い物やランチを楽しみました。
この後からはしばらく肉食が続くので、お魚料理ともしばしのお別れ。
分かりやすいお皿にしましたが、ルーコラとオレンジの上にスズキのカルパッチョが乗り、なかなか素敵な一皿でした。

さぁ、次はいよいよイタリアへ上陸!
バスで国境越えをします。

 

 

ロヴィニの海沿いのレストランの隣席はこのコ。
仲良く分けっこしてお魚を堪能しました。
ちなみに、このあと後ろのカモメも参戦!
楽しいランチになりました(笑)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。