ラディッキオ・タルディーヴォ

 

 

イタリア料理教室 La mimosa 2月のレッスンが全クラス終了しました。
今月は「ラディッキオ・タルディーヴォ」を楽しんでいただくべく、生で、蒸して、焼いて、と3パターンの食べ方をご紹介しました。
それぞれに特徴があり、おきにいりの調理法を発見していただけたのではないかと思います。

私も予備に取ったもので、いくつかお料理を作りました。

こちらは「文旦とタルディーヴォ、甘海老のサラダ」。
昨年ご紹介したものの、アレンジバージョンです。
若草色にタルディーヴォのはっとするほどの鮮やかな赤紫が映え、華やかな前菜になりました。

こちらも手軽な前菜で、「タルディーヴォとパルミジャーノサラダ」。
オイルで和えて、バルサミコ酢をかけて出来上がりの簡単レシピ。
でも美味しさは抜群です。

他にも生ハムで巻いたり、リゾットにしたりと、存分に楽しみました。

 

普段のレッスンでは、日本の旬を大切にした素材を使うように心がけています。
生徒さんが、ご家庭で無理なく再現できるレシピをご紹介したいからです。
でも、イタリアに通ううちに、イタリアのその土地でしか作れない素材があるのを見るにつけ、何かの機会にご紹介できればと考えるようになりました。
この2つは相反する事柄でもあるので悩むこともありますが、均衡を保ちながら取り入れていけたらと思っています。

 

 

 

こちらもちょこっと飾りにタルディーヴォ。
「人参とレーズンのサラダ」です。
レシピサイトFOODIESレシピさんで、「もらったら嬉しい、カリフォルニア・レーズンを使ったホワイトデーレシピ」といテーマでご提案しました。
ホワイトデーが休日の今年は、男性にこんな朝食を作って貰えたら嬉しいですね。
詳しい作り方は、コチラからどうぞ。
とっても簡単です。

 

カリフォルニア・レーズン協会公認、クッキングアンバサダーとして、カリフォルニア・レーズンの魅力をお伝えしています。

 

 

 

 

レーズンメニュー他、手軽なイタリアンレシピも寄稿しています。

世界の家庭料理レシピサイト FOODIES レシピ

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。