イタリア料理教室La mimosa 12月レッスンメニュー

 

2014年、今年最後のレッスンが始りました。
ナターレのご馳走メニュー、今年も豪華なお料理に仕上がっています。

 

Antipasto   Souffle’ di Parmigiano
パルミジャーノのスフレ

パルミジャーノをたっぷり入れた、ふわふわ熱々のスフレ。
オーブンから出したてのふくらんだ様子は、パーティーのスタートを盛り上げてくれます。
熱々の前菜を、よく冷えたスプマンテと一緒にお楽しみください。

 

Primo Piatto   Tortellini in Brodo
トルテッリーニ入りブロード

イタリアのナターレ料理をご紹介します。
丁寧に作ったブロードに、コクのあるフィリングを詰めたトルテッリーニを浮かべ、熱々をいただきましょう。
身体が暖まり、気持ちまでゆったりとする、極上の一皿です。

 

Secondo Piatto e Contorno   Ossobuco alla Milanese
ミラノ風オッソブーコ

仔牛の骨付きすね肉を、コトコト煮込んで作る、ミラノを代表する郷土料理。
たっぷりのソースが絡まるほろほろと柔らかなお肉を食べると、美味しくてうっとりしちゃいます。
ソースを美味しく作るコツもご紹介します。

コントルノには、これもオッソブーコには定番のサフランリゾットを。
黄金色のリゾットに、来年の縁起担ぎの願いも込めました。
おめでたい組み合わせなので、年の瀬にぜひ作ってみてください。

 

Dolce   Gelatina al Vino rosso
ナターレの赤ワインゼリー

キリスト教では、赤ワインはとても大切な意味を持ちます。
ちょっとだけナターレの趣旨を考えられるように、こんなデザートを用意しました。
上にはゆるくホイップしたクリームと洋梨を添えて。
ご馳走の後でも、美味しく食べられるデザートです。

 

ナターレのお料理にmieux-mieuxさんが合わせたワインは…

Franciacorta Francesco 1 Brut (右)
ロンバルディア州のスプマンテ、フランチャコルタ。
シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵で作られる洗練された味わい。
中でもUBERTIではリザーブワイン率が高いので、より複雑味が増しています。
華やかでエレガント。パーティーにぴったりの1本です。

’05 VALTELLINA SUPERIORE SASSELLA RISERVA(左)
干したプラム、コニャックなどの濃厚な香り。
この造り手(NERA)は良年のぶどうでないとRISERVAを造らないため、さすがの高品質に仕上がっています。
オッソブーコと合わせると数倍香りが拡がっていく、好相性の赤ワインです。

 

今年のナターレは、定番料理に私なりの解釈を加えたお皿をプラスしてメニューを構成しました。
毎年レベル(予算)が上がっていっている12月のお料理(笑)、皆さんへ1年の感謝の気持ちを込めて作っています。
楽しく、美味しく、華やかに。
そんなひと時を過ごしていただけたらと思います。

 

残り日程、一度満席になったのですが、新たに13日(土)11時~16日(火)11時~のクラスに1席ずつ空きが出ました。
毎年なかなか空きが出ないナターレレッスン、ご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお早めにお申し込みください。

 

 

今月は調理時間に少し時間がかかります。
レッスン後のご予定に余裕を持ってお越しください。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。