2014欧州食旅~クロアチア・ザグレブ1~

 

今日は気持ち良く晴れましたが、また明日からお天気が崩れるようです。
晩秋の冷たい雨、被災地の皆さんのお体に障らなければいいなと願っています。
体調を崩されませんよう、お見舞い申し上げます。

 

 

***

 

さて、研修旅行3日目。(そう、まだこれで3日目なんです。。)
ブダペストを後にし飛行機で50分、お隣クロアチアの首都ザグレブにやってきました。

始めての場所に降り立つとウキウキしますよね?
滑走路ごしの景色さえ物珍し…く、、あ、あれ?
雨降ってる?!
「え’’---」っと思い切りぶーぶー騒いでみたものの、雨脚は強まるばかり。。。

お天気に引っ張られるように、この日のごはんは収獲なし。
ホテルの人に紹介してもらったお店、悪くはなかったんですが、好みではなかったので割愛しちゃおう。
でも、ザグレブで拠点にしたホテル自体はなかなか良かったので、少しご紹介。

こざっぱりしたインテリア、暖房が良く効いた暖かい部屋、バスタブ付きのバスルーム。

そして、2ベッドルームの広いお部屋。
これ、友人との旅では結構重要だと思うのです。
大人なのでパーソナルスペースはあった方が居心地が良いし、疲労の回復度も昔とは違うし(笑)

レセプションの人達も仕事が早く、ザグレブや、この後ご紹介するプリトヴィツェ湖群国立公園の効率的な周り方などをアドバイスしてもらい助かりました。

そして翌日。
やっぱり雨。。
でも、クロアチアに行く事を決めた時からどうしても行ってみたかったプリトヴィツェ、諦めきれずに決行してしまいました。
結果、行って本当に良かったです。

プリトヴィツェ湖群国立公園は、山間に広がるカルスト地形に大小16の湖と92の滝が景観を作りだしている、広大な公園です。
1979年のユーゴスラビア時代に世界遺産に認定されましたが、その後紛争の舞台になってしまい、多くの地雷が埋められたそうです。
一時は危機遺産リストにも登録されてしまいましたが、その後の紛争終了と共に、地雷の撤去が優先的に行われ、1997年には危機リストから除外されました。

園内を周るバス、湖を渡る船などもありますが、写真のような遊歩道も整えられ、体力や時間に合わせたコースを楽しむことができます。
私達はバス・船・徒歩で、約4時間ほどのコースを周りました。
この時期の雨は珍しいとのことでしたが、増水した湖や滝が迫力ある景色を作り、森林を渡る風は湿度を含んだ清廉されたものとなり、涙が出るほどの感動を覚えました。
この場所がつい最近まで戦火にさらされていたなんて、この場所に立って、この空気を吸って、その歴史の重さにも想いが巡りました。

こんな景色の中で食べたランチは、ホテルの朝食で作らせてもらったパニーノとバナナ、トルタを少し。
防寒・防水の準備は万端にしましたが、思いのほか体力を使って疲れていたので、こんなシンプルな食事がしっくりきて、美味しくお腹に収まりました。

 

 

Hotel Jagerhorn
Ilica 14, 10000 Zagreb, Croatia
Tel: +385 1 4833 877
Fax +385 1 4833 573
E-mail: info@hotel-jagerhorn.hr

 

 

ごみ袋?!
いえいえ、森の妖精です(笑)

 

妖精さんのおかげか、マイナスイオンで浄化されたからか、この後からはずっと好天続きの美味しいもの続き。
ザグレブ絶品レストラン編につづきます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。