台北ごはん2

 

台北で記念すべき初ごはんを食べながら、考えたのです。

「1日3食じゃぁ足りない…」

そう、旅行中にいつも陥るジレンマ。
食べたい物が多過ぎて、1日3食という体に染みついた習慣が恨めしく思う瞬間…。

でも、今回は仕事抜きのただの旅行です。
無理して食べる必要はないし、そもそも帰国後の怒涛のスケジュールを考え、絶対に無理は禁物。

じゃあ、どうしましょ?
では、こうしましょ。

「はしごごはん作戦」!

台湾は「小吃」と呼ばれる食べ物のカテゴリーがあります。
軽食と訳されることもありますが、具体的に言えば、餃子や焼売などの包子、ちまきや餅と言われる米モノ粉モノ、炒飯やおかずを乗せたどんぶり料理から、炒め物などまでを含む一品料理のことを差します。
これらは食事を簡単に済ませたい時に食べたり、小腹が空いた時にさくっと食べたりもするので、ちょっとだけ頼む、というのがOKなお店が多いように思いました。
メニューに「小」を設定しているお店も多いですしね。

もちろん、中には「1人最低30元はオーダーしてね」などというルールを定めているお店もありますし、そうではないお店でも、雰囲気とお客さんの食べている感じで何となく分かりますよね。
その辺は臨機応変に決めることにし、とりあえずは「1店舗で食事を終わりにしない」「マナー違反にならない程度に注文し過ぎない」というルールを決め、台湾での食事を楽しむことにしました。

前置きが長くなりましたが、初回の牡蠣和え蕎麦の次に食べたのが、こちら。

香辣老虎麺 60元

麻醤紅油抄手 55元

三食蛋 25元

写真と漢字でイメージが沸くでしょうか?

私も台湾語(中国語)はさっぱり。
でも、食べ物の漢字は以前行った香港や北京の時にいろいろ学習したので、何となくイメージしやすかったです。
後はひたすら筆談とジェスチャーと指さし。
指さしができれば、何かは食べられる!(笑)

ここのお店は市内でも何店舗か見かけましたが、いつも現地の人で賑わっていました。
通りがけに気になって入ってみたんですが、明るい雰囲気とお店の人が筆談に根気よく付き合ってくれたので、美味しい2食目が堪能できました。

温州大餛飩
住所等を控えてこなかったのが残念!
でも、市内のあちこちにありました。

ちなみに、サイズ感が伝わりにくいですが、器は小どんぶり程度です。
あと、たくさんは注文できないので、なるべくビールなどの飲み物を頼むようにしています。
別に飲みたい訳じゃないんだけどなぁ
仕方ないなぁ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。