イタリア料理教室La mimosa 6月レッスンメニュー

 

お待たせいたしました。
イタリア料理教室La mimosa 6月レッスンメニューをご紹介します。

 

Antipasti   Pappa al Pomodoro
パッパ アル ポモドーロ

トスカーナの郷土料理で、日本語では「パン粥」と訳されることが多いこのお料理。
硬くなったパンを再利用して作りますが、残り物とは思えない、えもいわれぬ美味しさがあります。
ほんのり温かいまま食べても美味しいですが、今回は冷たく冷やして、ぱりぱりチーズを添えて、前菜として召し上がっていただきます。

 

Antipasti   Souffle’ di Zucchine
ズッキーニのスフレ

旬のズッキーニを使って、ふわんふわんのスフレを作りましょう。
火傷しそうなくらいの熱々の生地にスプーンを入れると、ふわーんとチーズの良い匂いが漂います。
工夫をしてズッキーニの食感を残してあるので、ふわふわしゃきしゃきの2つの食感が楽しめます。

 

Primo Piatto   Tagliatelle al Pesto di Rucola
ルーコラペーストのタリアテッレ

清々しい色合いのキレイなパスタは、ルッコラで作った翡翠色のソースのおかげです。
バジルペーストも美味しいですが、より軽く仕上がるルッコラもお勧め。
卵入りの、手打ちのタリアテッレに良く絡みます。
目でも舌でも美味しいパスタです。

 

Secondo Piatto   Trippa alla Fiorentina
フィレンツェ風トリッパ

生徒さんからリクエストの多かったトリッパ、いよいよ登場です!
フィレンツェの大好きなレストランで食べたトリッパが忘れられず、舌の記憶を頼りにレシピを起こしました。
牛の胃袋を丁寧に処理し、柔らかーく煮込みます。
内臓系が苦手な方にも「美味しい!」と言ってもらえた一皿、どうぞお楽しみに。

 

今月のmieux-mieuxさんセレクトのワインは…

i Vini Italiani
’13 MARUGALE (右)
トスカーナ・キャンティ地区の、すっきりとした白ワイン。
有機栽培のぶどうを手摘みし、丁寧に作られます。
程よい酸味の洗練された味わいです。

’11 CHIANTI COLLI FIORENTINI (左)
こちらも同じ作り手の赤ワイン。
有機のサンジョベーゼ主体で、優しいタンニンと酸味が特徴です。
バランスが良く、暑い時期でも飲み飽きしない赤ワイン。
好みの味でした!

 

Dolce
メロンのライムとミントのマリネ

デザートはさっぱりとフルーツで。
青々しいルックスに、満腹なお腹もすっきりしますよ。

 

今月はトスカーナの郷土料理に、オリジナル料理を組み合わせてご紹介しています。
やや重なトスカーナ料理ですが、素材の味を活かす調理法は見習いたいものばかり。

調理法と言えば、今月はあえて熱々なスフレや煮込み料理を組み込みました。
これから夏に向けて、体を冷やす食材やお料理を食べることが多くなると思います
でも、これらを食べ続けていると、体の代謝が悪くなり、夏バテしやすくなってしまうんですよ。
夏本番前に温かいお料理をたっぷり食べて、元気に暑い夏を乗り切りましょう!

 

空席情報をお待ちの皆さま、今月はお席の入れ替わりが多く、なかなか情報をUPできずに申し訳ありませんでした。
空席状況は下記の通りです。

A:6月14日(土)11時~   満席
B:6月15日(日)11時~   満席
C:6月16日(月)11時~   満席
D:6月17日(火)11時~   残1席
E:6月20日(金)11時~   満席
F:6月21日(土)11時~   残2席
G:6月22日(日)11時~   満席
H:6月24日(火)11時~   残1席

体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方、空席待ちをご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。