ガレットパーティー

 

イタリア料理教室 La mimosa 1月のレッスン、全クラス終了しました。
皆さま、お疲れさまでした。
今月はヴァレンタインに向けてチョコレートを使ったお菓子をご紹介しましたが、
「今年はこれを作ってみます!」と言う方や、「これを食べないで冷凍して2月14日のプレゼントにします!」という方まで、皆さんの反応がイチイチ可愛くて楽しかったです。

2月の空席は現在調整中です。
空席待ちをご希望の方は、ご案内まで今しばらくお待ちください。

 

写真は米寿のお祝いではなく、兄と姉の誕生日のお祝いをした時のものです。
お友達のEちゃんが美味しいケーキを用意してくれて皆でパーティーをしたんですが、私が用意した兄と姉の年齢を合わせたロウソクには2人ともどん引き。。
そうか、年齢が増えるのは失敗だったかぁ
でも、皆でワイワイお祝いできて、楽しかったです。

そんなパーティーのお料理は、兄のフランス人の友人が作るガレット。
元シェフの彼が、手早くささ~っと作ってくれました。

まず、蕎麦粉と卵、水、塩をよく混ぜ合わせ、生地を冷蔵庫で休ませます。
その生地を熱したフレイパンに流し込み、具無しの生地をまとめて焼いておきます。
焼いた生地を、再度熱したフライパンに入れ、エメンタールチーズを乗せます。

上から卵を流し入れ、

ハムを乗せ、

もう1枚上から生地をかぶせ、フライ返しでしっかりと押さえつけ、オイルをたらりとまわしかけて出来上がり。
熱々でかりかりもっちりなガレットの完成です。

ナイフで切り分けて食べると、蕎麦粉のよい香りと、チーズのコク、卵の甘さが、なんとも美味しい。
優しい味なので、日本人的には朝ごはんにも食べられるかも。
この日は他にチーズフォンデュとローストポークも用意しましたが、ボリュームあるガレットのお陰でお腹いっぱい!

そんな優しいガレットを作ったのは、シャイで陽気なジャンポール。
1ヶ月半の滞在中、何度も食事を一緒に食べました。
お箸の使い方がとっても綺麗なんですよ。
日本とフランスの食文化比較などの話はいつも面白く、私もいろいろと勉強になっています。

彼等は明日フランスへ戻ってしまいますが、また近い内に会えそうなので、次に案内するところを開拓しておこうと思います。

Buon Viaggio !!

 

 

 

 

ガレットパーティー” への2件のコメント

  1. 忙しいところ楽しい会をありがと。
    先日、めでたく 豹デビューしました☆
    キャンドルの88は ドン引きというか、本当にびっくりしたの。
    だってねえ、急に倍以上 年とっちゃう事になるしねえ。
    Eちゃんにもお会いできてうれしかったです。

    • utako さま

      うーちゃんの顔的に豹は絶対合うはず!
      合わせるお洋服がベージュやホワイト系だと、上品にまとまります。
      ぜひお試しを~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。