イタリア料理教室La mimosa 1月レッスンメニュー

 

イタリア料理教室La mimosa 1月のレッスンがスタートしました。
光源の関係で写真の雰囲気がバラバラですが(汗)、全メニュー写真入りでご紹介します。

 

Antipasto   Gatto’ di Patate
じゃが芋のガットー

ナポリの家庭料理、熱々のじゃが芋のガットーをご紹介します。
マッシュポテトに、モルタデッラやモッツァレッラなどを混ぜ込み、パン粉を振ってオーブンで焼きあげます。
ボリュームがあるので、プリモ・ピアットやセコンド・ピアットで食べても良いんですが、今回は量を控えめにしてアンティパストで。
でも、おかわりしたくなるような、寒い冬に嬉しいお料理です。

 

Primo Piatto   Genovese alla Napoletana
ナポリ風ジェノヴェーゼ和えリガトーニ

バジルのジェノヴェーゼではなく、ナポリのジェノヴェーゼを作りましょう。
1キロの玉ねぎを牛塊肉と一緒にコトコトコトコト、2~3時間ほど煮込んで作るナポリの郷土料理。
こちらもセコンドピアットにもなり得るお料理で、長時間煮込んだ玉ねぎの甘さが何ともいえず贅沢な一皿です。
隠し味にあるものを加えるのがLa mimosa流。
どうぞお楽しみに。

 

Seconodo Piatto   Pollo alla Diavola
悪魔風チキン

ユニークなネーミングのローストチキン。
悪魔がマントを広げているように見えるという説や、スパイシーな風味が地獄のようだから、という説など、面白い小噺がたくさんあります。
私はさばいている時にちょっとSっぽくなるからだと思っていますが(笑)、何はともあれ、ぱりぱりに焼けた皮と、ふっくら焼けたその身の美味しさに間違いはありません。

 

Dolce   Crostatine alla Nutella
ヌテッラのクロスタティーネ

イタリア人の大好きな、へーゼルナッツとチョコレートのペースト、ヌテッラを美味しいクロスタータにしましょう。
来月のヴァレンタインにもプレゼントしやすいように、小さなクロスタータ=クロスタティーナ(複数でクロスタティーネ)にし、1人1台作ります。
定番のシンプルなお菓子ですが、生地の配合にこだわりました。
失敗しないコツを、理論的にお話しますね。

 

今月のmieux-mieuxさんセレクトのワインは、2本とも大好きなワイン♪

i vini Italiani

’11 Fiano di Avellino(右)
カンパーニアのDOCGワイン、フィアーノ・ディ・アベッリーノ。
フレッシュな花や、トロピカルフルーツ、花の蜜を思わせる香り豊かな白ワインです。
Fiano di Avellino は、個人的にイタリアワインの中でも上位に入るくらい好きな白ワインですが、ここのカンティーナのものもとっても美味しいです♪

’09 TAURASI(左)
同じくカンパーニアのDOCGワイン、タウラージ。
長期熟成に向くフルボディタイプで、アリアニコの旨みがぎゅぎゅっと凝縮されています。
チェリー、たばこ、シナモン、バニラなど、複雑な香りと上質なタンニンが、長い余韻となって残ります。
男性的な力強さと、エレガントさを併せ持つ、そんなワインです。

 

今月は新年最初のレッスンとなるので、奇をてらわない、イタリアの家庭でずっと作られ続けてきたシンプルなお料理をご紹介します。
イタリアの知人に今月のメニューの話をしたら、「何だか嬉しい!」そうで、話が弾みました。
イタリアから遠い日本で、ノンナ(おばあちゃん)やマンマが作るお料理が広まっていくのが、「暖かくなる」と言ってもらえ、私も嬉しくなりました。
そう、なんと言ってもこの寒さ。
体も心も暖かくなるような、美味しいお料理を作りましょうね。
今月は工程の多いお料理が多く少し時間がかかるので、レッスン後のご予定などには余裕を持ってご参加ください。

 

直近ですが、

1月24日(金)11時~ ※満席になりました
1月25日(土)11時~ ※満席になりました

上記のクラスに1席ずつキャンセルが出ました。
ワンレッスン・体験レッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりお気軽に御連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。