新年

 

今日から仕事始め、学校スタート、というお宅も多いでしょうか。
皆さま、お年越しお疲れさまでした!

はい、私も例年通り、相撲部の合宿のような大量の食事を作り続けていました。
おっと実家では、おっと母が出身の群馬のお料理をいろいろと用意してくれるので、それのお手伝い。
自分の実家では、魚づくしのお料理をたくさん作りました。

 

まず、自分の実家に着くと待っていてくれたのが、このイナセなはまち。
香川のお友達が、お正月に合わせて送ってくれたもので、50センチはある巨大なものです。
でも、ただの巨大魚じゃあないんですよ。
「オリーブハマチ」と言って、オリーブの葉を粉末にして与えて育てる、特別なハマチなんです。
オリーブの抗酸化作用が働いて、身が締まって変色しづらく、脂が乗っているのにさっぱりとした風味になるそうです。

お造り、ごまたたき、塩焼き、ハマチ大根、アラ汁、と、どの部位もあますことなくいただきましたが、臭みが全くなく、脂の甘さが上品で、とっても美味しいハマチでした~
庭の柚子を絞って塩わさびでいただくお造りは、絶品!
marikoさん、本当にありがとうございましたm(__)m

 

今回作った中でちょっと変わり種は、「あんこう鍋」でしょうか。
茨城北部~福島の沿岸部の郷土料理で、北茨城出身の父がいる実家では、冬になると良く食べます。
作ったことがない方も多いと思うので、私の作り方を簡単に説明しますと、

1.ダシを取った鍋に、白菜、大根、ささがき牛蒡、きのこなどを入れ煮る
2.ぶつ切りにしたあんこうの身や皮をさっと湯がき、酒と一緒に鍋に加え煮る
3.あん肝の一部を残し、2の鍋でさっと湯がき、食べやすい大きさに切り分ける
4.残りのあん肝を裏ごしし、味噌、みりん、酒、醤油、すりごまなどと合わせて鍋に加える
5.3のあん肝、豆腐、葱、炒りごまなどを加えてひと煮立ちさせたら出来上がり

と、こんな感じです。
ポイントですが、あん肝は別でも購入し、増量すること。
あん肝の味噌だれを加えたら、煮込み過ぎないこと。
あと、普通は胡麻は入れないと思いますが、子供の頃から良く連れていってもらったお料理屋さんのあんこう鍋が絶品で、そこのお鍋には胡麻が入っていたのを思い出し、それ以来私は胡麻入りで作っています。
コクが出て美味しいんですよ。

今回のあんこう鍋は、兄と一緒に遊びに来てくれたフランス人のお友達の為に、父が「どーしてもご馳走したい!」と我儘言うので、市場に車を飛ばして買ってきました。
作るのは私なんですけどね(笑)
フランスでも鮟鱇は食べますが、こういった肝や骨や皮も入るごった煮的なお鍋はどうかなぁ~と思って父に諦めさせようと思ったんですが、思いがけずお口に合ったようで、市場まで行った甲斐がありました。

その他の日は、一緒にローズポーク餃子を作ったり、稲荷神社に行っておいなりさんを食べたり、偕楽園をお散歩したり、常陸のお蕎麦を食べに行ったり、古道具屋さんでアコーディオンを買ったり。
あまり伝統的なお正月の過ごし方をしない実家のそれではありますが、日本のお正月を体験してもらいました。
楽しんでもらえたかな?

ちなみに、3日間で6人で空けたお酒の瓶を数えてみたら…

日本酒一升×1瓶
芋焼酎一升×1瓶
米焼酎4合×1瓶
シャンパン・スプマンテ×7本
白ワイン×5本
赤ワイン×3本
ビール×計測不可能

これだけ飲めば、嫌でも楽しくなるでしょう(笑)

 

そんな年越しで幕を開けた2014年。
喪中なのでお便りを失礼してしまいましたが、早々にメッセージをお寄せ下さった皆様、ありがとうございました。
この場でのご挨拶で不躾かとは思いますが、今年一年の皆さまのご健康、ご多幸をお祈りしております。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

La mimosa 野呂京子

 

 

 

新年” への2件のコメント

  1. 鮮度の良いうちに届くかかなり心配しましたが、美しい姿を見て安心しました。ごまたたき?塩わさび?、地元では知られてない食べ方です。今度教えて下さいね。「あんこうの吊るし切り」、いつか生で見てみたいなあ。
    ところで、古道具の「アコーディオン」が気になる!!!ヴァイオリンはよく見かけますが、さすが目の付けどころが違いますね。ディスプレイに素敵そうですね。

    • mariko さま

      オリーブハマチ、とっても美味しかったです!
      鮮度も全く問題なく、手配にご尽力くださってありがとうございましたm(__)m
      おかげさまで、両親も寿命が延びたと思います。
      ごまたたきは、九州のごまサバを真似したものです。
      塩山葵は、伊豆で買ってきた生わさびをすりおろし、塩と一緒にして食べました。
      絶対にすだちでも合うはずなので、ぜひ試してみてください^_^

      残念ながら、2点訂正がございます。。

      鮟鱇は、ぶつ切りしたものが売っており、吊るし切りは末体験でございます(+_+)
      漁師さん一家で育った伯母はお風呂場でさばくそうですが、普通の一般家庭では出来ません。

      アコーディオンは、私ではなく、兄のお友達が購入しました。
      フランスまでどうやって持って帰るのか、果たして我が家に預けられるのかは謎ですが、私はちょっとだけ古いノリタケの小皿を買ってみました。
      金縁のかすれ具合が可愛いコ達です(^_-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。