イタリア料理教室 La mimosa 10月レッスンメニュー

 

イタリア料理教室La mimosa 10月のレッスンがスタートしました!
早速、全メニューを写真付きでご紹介します。

Primo Piatto   Pasta e Zucca

パスタとかぼちゃ

イタリア各地で食べられる「Pasta e Fagioli パスタと豆」を、かぼちゃで作ってみました。
日本のホクホクしたかぼちゃは、ブロードで炊くとねっとりした食感になり、これまた食感の違いが楽しいパスタ・ミスタ(ミックスパスタ)に良く絡みます。
チーズどっさり、美味しいトスカーナのオリーブオイルをたらーり、ローズマリーをぱぱっとかけていただきましょう。
しみじみ美味しいシンプルなお料理ですが、トマトの水煮がアクセントになり食べ飽きません。

 

Secondo Piatto e Contorno   Pollo alla Birra ,Patate in Padella

鶏肉のビール煮込み フライパンで作るローストポテト添え

骨付きの地鶏をビールでことこと煮込んだ、これからの季節に嬉しい一皿。
たっぷり玉ねぎが甘さを出し、ビールの苦みをコクに変えてくれます。
簡単なのに味は本格的、そして保存も効くので、ぜひレパートリーに加えていただきたいお料理です。

付け合わせには、ローストポテトを添えましょう。
フライパンで簡単に作れるので、オーブンがふさがっている時にも便利。
かりっ、ほくっとした食感が出せるコツをお伝えします。

 

Dolce   Schiacciata con l’Uva
葡萄のスキャッチャータ

トスカーナの季節の郷土菓子、葡萄のスキャッチャータをご紹介します。
構想から数年、ようやく陽の目を見たレシピ…
というのも、このスキャッチャータはワイン用の葡萄で作るのがトスカーナ流なんですが、日本ではなかなか入手できないんですよね。
この葡萄に唯一近いのが、青森で作られている「スチューベン」。
粒と種がイタリアのそれよりは少々大きいですが、味は濃く、甘さもあってとっても美味しくできます。
数年前から試作はしていたんですが、最近はだいぶ市場に出回るようになってきたので、満を持しての登場です。
イタリアの素朴なお菓子ですが、季節を感じさせてくれる、私も大好きなお菓子を楽しんでください。

 

今月は、アンティパスト代わりに私が簡単なおつまみをご用意しています。

Stuzzichini   Bruschette
椎茸のブルスケッタ・トリュフ風味の卵のブルスケッタ

左のブルスケッタは、椎茸をバルサミコ酢で風味付けしたペーストとリコッタを乗せたもの。
右は、チーズ入りのスクランブルエッグにトリュフペーストを乗せたもの。
どちらも簡単に出来ますので、レッスン時に口頭でご説明しますね。

 

今月のワインは

i VIni Italiani

’07 Bolgheri DOC Sondraia(右)
トスカーナのDOCワインで、美しい色合いの赤ワインです。
エキゾチックなスパイス、熟した赤い実の香りが、タマリンドのような香りへと変化していきます。
ビロードのような滑らかなタンニンが長い余韻として楽しめる、気品のあるワインです。

’99 VIN SANTO DEL CHIANTI CLASSICO(左)
トスカーナのお菓子には、トスカーナのデザートワインを。
完熟・乾燥させたぶどうが極上のデザートワインに生まれ変わった様と、摘みたてのぶどうを使ったお菓子との組み合わせを、ぜひ楽しんでください。

 

今月は、イタリアの美味しくて優しい家庭料理をご紹介します。
写真を見てもお分かりいただけるように、茶色(と黄色)ばかりの地味~な色合。
でも、この茶色のお料理こそ、手間と作る人の愛情がたっぷり込められているように思うのです。
シンプルで素材の良さを最大限引き出したお料理は、体の中から元気になれるような気がします。
季節の変わり目なので、食材のパワーを借りて体調を整えましょう!

 

10月22日(火)11時~

上記のクラスに空きが出ました。
体験レッスン・ワンレッスンをご希望の方は「お問い合わせフォーム」より、お気軽にご連絡ください。

 

 

季節限定、地域限定のスキャッチャータ、どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。