ラグー

 

※今月のレッスンメニューに関する記述があります。

 

先日、イタリアンのシェフとお話する機会があり、その方の想いや情熱をお聞きして、日本におけるイタリア料理について深く深く考えさせられました。

性格上、割と考え込むタイプでもあるんですが(これで?!というのはナシな方向で…)、久々に骨のあるお話を伺って、ガツンと刺激を頂戴しました。

その後に作ったお料理が、コチラ。

今月のレッスンでご紹介する予定の、特製ラグーです。

ラグーというのは日本語にすると、何かを煮込んだソースと訳しましょうか。
日本でミートソースと呼ばれているものは、一般的にはラグーボロネーゼというボローニァ地方のラグーのことをさします。

イタリア人は、ラグーが大好き。
マンマが作るラグーには、たくさんのこだわりとエピソードが盛り込まれていて、私も最初に留学した時にホームステイしたおうちで、暖炉の前でマンマから繰り返しこだわりのお話を聞きました。

見た目はとても地味です。
でもそれが滋味になるのです。

和食は彩りをとても意識するお料理ですが、イタリアンの真髄はこの茶色にあるように思います。
時間と手間と愛情を込めた、茶色いお料理。
くつくつ煮込まれる鍋を覗きながら、留学時代のことをたくさん思い出しました。

 

これが私のラグーのエピソードになっていくのかな。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。