デロンギ クアッドブレードミニフードプロセッサー

 

先月の圧力鍋に続いて、またまた我が家にニューフェイスがやってきました。

デロンギ社の『クアッドブレードフードプロセッサー』です。
ふふふー、カッコ良いでしょう~

参加させていただいているレシピサイト「tabelatte タベラッテ」さんのキャンペーンで、モニターとして使わせていただきました。
我が家には業務用サイズのフードプロセッサーがすでに1台あるんですが、私の持論は「フードプロセッサーは、大は小を兼ねない」なので、とっても重宝しています。

なぜかというと、置き型のフードプロセッサーの場合、刃が大きいとどうしても容器の底と刃との間に隙間が出来てしまい、少量を撹拌するとその隙間に食材が入り込み、上手に食材が回らないのです。
仕事の時は大きめのフードプロセッサーが大活躍ですが、2人家族の我が家では普段使いにはちょっと苦戦する時も…

そんな時にやってきた、デロンギ社のクアッドブレードミニフードプロセッサー、可愛くって働き者で、とってもおきにいりです。

1番の特徴は、何と言っても名前にもなっている「4枚刃」!


刃が上下4枚になっているので、食材が逃げず、途中ふたをとってかき混ぜる必要がないくらい、均一に食材が撹拌・切断できるのです。
これは素晴らしい!

そして、本体の底面に付いている吸盤もよい仕事をしてくれます。
固い物を撹拌するとガタガタと動いてしまい危険なんですが、吸盤があるおかげでぴたっと止まったまま。
音も静かなので、夜作業する時も気になりません。

デザインもクールで格好よいので、キッチンに定位置を作りすぐに使えるようにしています。
朝の忙しい時にスムージーを作ったりにも便利で、手放せないアイテムになりました♪

 

デロンギ社はデザインがよいものも多く、そこはさすがイタリアだな~と思います。
やはり、毎日使うもの、普段目に付く所に置くものは、家電とはいえデザインもおきにいりのものを使いたいですよね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。