ナカオアルミ

 

タイトルを読んで「おっ」と思った方、かなりの調理道具フェチとお見受けいたします。
ナカオアルミ、正しくは「株式会社中尾アルミ製作所」という、業務用アルミニウム製鍋・ステンレス製鍋の製造・卸売販売を業務としている会社です。

私は大のナカオファン。
ナカオアルミとのふれあいの歴史は古く、当時小学生だった私の家に、ひとつのアルミ製鍋がやってきたのが始まりでした。

それから30年。
もう何代目かになるナカオのフライパンを新調しました。

私が使っているのは業務用の「シルクフライパンシリーズ」という、フッ素樹脂加工のフライパンです。
写真のものは30㎝の径のもの。
レッスンで一番使うお鍋です。

このフライパンの何に惚れ込んでいるかというと、

・軽い
・適度な深さ
・絶妙な側面のカーブ

この3点が揃っているもの、他メーカーではなかなかないんですよ。

軽さは、6人用のパスタを作る時などにはかなり大切なポイント。
30㎝の径のフライパンはそれだけで結構重くなってしまうので、軽いアルミニウム製はとても重宝します。

そして、この側面のカーブと高さは、フライパンをあおる時にはとても重要。
直角に近くなればなるほど、深さが浅ければ浅いほど、あおりにくくなるからです。

残念ながらフッ素樹脂加工は寿命がきてしまいますが、それでも私の使い方で先代は8年くらいは持ちましたし、最初にダメになりやすいハンドル部分もアルミニウム製なので、耐久性も抜群だと思います。
(ハンドル部分は調理時に熱くなるので、専用のカバーが必要です。そこは注意してください。)

ちなみに、フライパンのサイズで迷っていらっしゃる方は、とりあえずの一台目は24㎝径がお勧めです。
二台目には、単身~2人世帯なら18㎝径、3人~4人なら20㎝径のものもあると便利だと思います。
また、大きいものが欲しい方は、30㎝径くらいまでが適当かと思いますよ。
このシリーズには33㎝径と36㎝径までありますが、この二つになると家庭用コンロでは大きすぎて、隣にお鍋を乗せるのはちょっと難しくなるかもしれません。
30㎝径で、350~400gくらいのパスタ料理は調理できます。

あと、同シリーズに対応する、アルミニウム製のふたもあります。
全サイズ揃っていますので、予算や収納場所が許せばぜひご一緒に。
重さが適度でしっかり密閉できるので、蒸し焼きにする時に蒸気が逃げにくく、素材がふっくらと仕上がります。
オールアルミニウム製のふたは、フォルムもとても美しいです。

 

と、語り出すと熱くなってしまう情熱の調理道具シリーズ。
ブログのカテゴリーに「どうぐ」という項目を作ったものの、オタクっぷりに引かれてしまうのでは?と思い記事にするのを躊躇していたんですが、最近調理道具の質問が多いので思いきって解禁することにしました。
不定期に更新していきますが、めくるめく調理道具の世界をご堪能くださいね~

 

中尾アルミ製作所
HP:http://www.nakao-alumi.jp

 

ちなみに、ナカオアルミと似たメーカーにアカオアルミ株式会社という会社もあります。
アカオアルミの方が創業の歴史は古く、今の代表取締役は美人な女性です。
商品の優劣はないと思いますが、私はやっぱりナカオ派。
ナカオのおじさんシェフのロゴが、フェチ魂をくすぐるのデス。
あと、ナカオはデザインもよくって、あのふたのフォルムなんて美しすぎて、飾りたいくらいキレイ!
深型のシルクウェアシリーズは、ショートハンドルがまた人間工学的にも優れていて…

 

あぁ、やっぱり語り出すと止まらない。。。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。