2012 イタリアたび~カプリ島~

 

Materaの次の目的地は、Izola Capri カプリ島。
マテーラから早朝のプルマン(長距離バス)に乗り、4時間ほどかけてナポリまで移動します。
ナポリからは、高速船で1時間ほど。
ナポリでお昼を食べて、カプリ到着は夕方前。

と、ここまでは日本で調べて計画しておいたんですが、観光シーズンを若干過ぎてしまったので、バスや船の時刻表に少々の不安がありました。
イタリアでは、9月10月くらいを境にシーズンオフになり、ホテルなどは安くなる半面、公共の乗り物の便数が減ってしまったりするのです。
とりあえずプルマンの情報をタクシーの運転手さんや宿の人などから収集すると、マテーラからナポリまでの便は調べておいた早朝のものがあったんですが、乗り場が若干変わっていました。
陽が昇る前の真っ暗な中、乗り場を間違えて乗り遅れたら、かなり切なかったと思います。。

事前にできることはなるべくしておく。
例えば、切符を買っておく、乗り場を調べる、帰りの便を確認しておく、など。
これをしておくと、イタリアでの移動はだいぶスムーズになります。
あと、できればこの手の情報は3人以上の人に聞くこと!
情報の正確性が増します。

ということを、イタリアに住んでいる友人達のおかげで、ぎりぎり人生な私でもようやく身に付けることができました。
身軽ならまだしも、重い荷物を持っているとなかなか大変なので。。

さて、そのプルマン。
心配していたトラブルも全くなく、時間通りに現れ、時間通りにナポリに到着しました。
全席指定で車両は最新、トイレも完備。
快適に移動できました。

ナポリに着いて、カプリを目指す前に美味しいピッツァを食べたお話は、また後日。

お昼を食べた後、船に乗ってカプリに移動。
こちらも、港に着いて10分後に出る高速船に待たずに乗れ、なんだかとってもスムーズ。
ナポリ湾に浮かぶ島々を眺めながら、1時間ほど乗っているとカプリに到着しました。

カプリ島での宿は、アナカプリ地区。
港まではホテルの人が迎えに来てくれます。

カプリ島は意外に広く、タクシー・バス便などもありますが、レストランやホテルのサービスの一環として送迎付きの所が多いようです。
ホテルとレストランの送迎サービス、そしてバスを上手に使うと、主要な場所は網羅できます。

港からアナカプリのホテルまでは、車で約10分ほど。
細い山道を結構なスピードで走り、あっという間にホテルに到着。

ここではゆっくりできるように、ちょっとよいホテルに泊りました。
お部屋のテラスからはティレニア海越しに、イスキア島とプローチダ島が望める絶景が広がります。
広大な敷地に庭園や海を望むプールもあるので、ゆっくりできそう♪

もうひとつ、このホテルに決めた理由は付属のレストラン。
自家菜園も持ち、カプリなのに肉料理や野菜料理も得意だとか。
レストランは宿泊客以外も利用可能ですが、いろいろ試すには泊っている方がよいかな~と思ってここに決めたんですが、これが大正解!

野菜料理、肉料理、そして海のお料理、全て美味しい。
観光地のホテル、その付属のレストランということで、ちょっと心配もしていたんですが、それも杞憂に終わりました。
きちんとした調理人が丁寧に作っているお料理、という印象です。
2日間でいろいろ食べましたが、私達にはハズレは一皿もありませんでした。

ホテルは家族経営の温かみもあり、レストランからは絶景のティレニア海を楽しめます。
私は朝食と夕食で主に利用しましたが、陽射しがさんさんと降り注ぐテーブルでの朝食も、夜のイスキアの夜景を眺めながらのディナーも、どちらも素敵でした。
昼食と夕食は宿泊客以外も利用可能なので、出かけてみてはどうでしょうか。

Da Gelsomina

住所:Via Migliara,72 Anacapri
電話:081 8371499
※英語メニュー有り。冬期休業有り。夜は要予約。

 

 

【おまけ】

お部屋のテラスがあまりにも快適なので、仕事もテラスで。
日本との時差の関係で早朝に朝焼けのティレニア海を眺めながら(おまけにスプマンテを飲みながら)仕事してました。
(Iさん、Tさん、メールしていたのはこのタイミングでした!)
日本でもこんな感じで仕事が出来たら素敵なんですけどね~~~
夕食前にはここで夕日を眺めながらアペリティーボを楽しんだり、海を望むプールで泳いだり、と本当にリラックスできました。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。