イタリア料理教室 La mimosa のミモザ

 

 

今日はミモザの日。

3月8日は「国際女性デー」です。
イタリアでは「Festa della Donna」という名前に変わり、男性から女性へミモザを贈る習慣が
あります。
よく質問されるイタリア料理教室La mimosa の名前の由来も、この習慣からイメージしました。

 

誰かにプレゼントを贈る時の素敵な気持ち、贈られた時のワクワクする気持ち。

 

こんな気持ちになれるお料理をご紹介したいな、と思ったからです。

(他にももうちょっと由来はありますが。)

同様に、生徒の皆さまをお迎えするあらゆるものに、ギフトのような心をこめて準備しています。
季節のしつらいや、お花やアロマ、テーブルセッティングなどなど…

その中の一つに、こんなものもあります。

レギュラー会員の方にお配りしている、La mimosa のカードです。

このカード、私がひとつひとつ手作りしています。
カードに教室ロゴと受領印用のマス目を両面印刷し、ミモザの花をフェルトから切り取り、
緑の葉っぱを専用パンチで抜き、ちまちまちまちまカードに張り付けていきます。

フェルトの厚みがあるので、皆様のお財布の中でかなりの自己主張をしているかと思いますが、、
でも意外と優秀なんですよ。
表側には教室の連絡先などが書いてあり、出先などで急にご連絡が必要になった時に便利ですし、裏側は、皆さまからいただいた前納分の受講料の受領印を押せるようになっているので、
翌月のレッスン日を確認することができます。

カードを作るのは意外と時間のかかる作業なんですが、この時間が結構好きです。
お迎えの準備をしている時と同じように、おもてなしの気持ちになれるからかもしれません。

 

今週末から始まるレッスン。
今月も居心地よくお過ごしいただけるよう、準備をしてお待ちしております。

 

 

 

 

 

イタリア料理教室 La mimosa のミモザ” への2件のコメント

  1. 京子先生のクラスを大切にしている気持ちが伝わります♪ 生徒さん達にもこの気持ちが充分伝わって、素敵なクラスの雰囲気が出来上がっているのですね。深く納得!

    • June さま

      私もJune先生のレッスンで、たくさんのギフトをいただいています♪
      ヨガの本質的なことはもちろんですが、お香や音楽や、私語をたしなめない寛大なお気持ちまで(笑)
      寝不足だろうが、二日酔いだろうが、頸椎ヘルニアや坐骨神経痛がひどくても、行くと必ず元気になれるとても貴重な時間です。

      私もJune先生のように、生徒さんがお帰りになる時に、いらした時よりも元気になれるようなレッスンを目標にしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。