イタリアたび日記 アンギアーリ5

 

 

骨董市で歩き疲れ、バスに待ちくたびれ、疲労困憊でアグリに戻ると、遅くなったにも関わらず、皆が夕食を待っていてくれました。
若マンマ・エレナのお兄さんも遊びに来ていて、再びにぎやかな食卓。
プリモは、温かいトルテッリーニ・イン・ブロード。
これが冷えた体に、本当においしかった!

朝、マンマに「夜何が食べたい?」と聞かれて「おすすめのものを!」と答えてみたのだけれど、手間のかかるトルテッリーニを作ってくれていて、感激。。
ブロードは、仔牛と鶏肉で作ったマンマご自慢の味なのだとか。
トルテッリーニには鶏と豚の挽肉が詰めてあり、こちらも旨みといい、つるんとした食感といい、ペルフェット!
お父さんが何度も「おいしいでしょ?」と自慢げに聞くのも、うなずけます。

 

セコンドピアットは、牛肉のカルパッチョ。
自家製の野生種のルーコラとグラナパダーノがたっぷりと乗り、敷地内のオリーブで作ったオイルをたっぷりとふりかけていただきました。
このオイルが、ぴりっとしていて濃厚で、牛肉の旨みを何倍にも膨らませてくれます。
トスカーナはやっぱりお肉料理が美味しいなぁ

 

そして、コントルノも私のリクエストでたっぷりと用意してくれました。
厚かましくも「野菜をたくさん食べたい!」とお願いしたんですが、黒キャベツの蒸し煮やサラダなど、自家菜園の野菜をふんだんに使って作ってくれました。
これが本当においしい!
まず、野菜の味の濃さが違うのと、ロレッタマンマの薄味の味付けで、野菜の甘みを存分に感じられるのです。

食べながら、おっとが庭でイタリア野菜を作っていることをお父さんに話すと、興味しんしんな様子。
「土とか気候が違うから、こんなにおいしくできないけれども」(←本当)と言うと、なぜか嬉しそうで「次は旦那さんと来なさい。土の作り方を教えてあげるよ。」とお誘いいただきました。
これは農業関連のイタリア語も勉強しないといけなさそう(笑)

 

翌朝、敷地内の畑を案内してもらったり、駅まで送ってもらう途中で、周り道をしてオリーブの収穫の様子を見学させてくれたりと、最後まで親切にしていただきました。

ロレッタマンマが後でこっそり教えてくれたんですが、ベッピーナおばあちゃんは「他のゲストが来た時は、あんなにリラックスしていないのよ」とのこと。
どうやら、eriちゃんと私は気に入ってもらえたようです。

街もちょっと散策したんですが、アンギアーリの人達は本当に「いいひと」という形容がぴったりくるような、温かいひとが多かったです。
旅をしている間の一瞬の繋がりではあるんですが、その「一瞬」だからこそ分かる、閃くような感覚というんでしょうか。

移動の多かった今回の旅。
最後に温かい家庭的なイタリアに触れられて、充実度が一層増しました。

 

 

【おまけ】

とっとろ、とっとーろ~♪

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。