イタリアたび日記 サンジミニャーノ

フィレンツェから近郊の街へは、プルマンと呼ばれる中長距離のバスがたくさん出ています。
鉄道駅と街の中心部が離れている街が多いトスカーナの小都市は、電車より中心部に到着するバスの方が便利だったりします。
今回はそんなプルマンを使って、塔の街と呼ばれるサンジミニャーノへ行ってきました。

フィレンツェからサンジミニャーノへ行くには、途中のポッジボンシという街でバスを乗り換えなくては行けません。
バスを待ってると、数人の人に乗り換えの場所を聞かれたんですが、どうしてもポッジボンシを「ぽんじり」と言いそうになってしまって困りました。。

焼き鳥食べたい…

 

乗り換えもスムーズに、フィレンツェを出て1時間半ほどでサンジミニャーノに到着です。

サンジミニャーノは、ローマとアルプス以北を結ぶ街道のぶつかる地点にあり、9~12世紀にかけて発展した街です。
その富の象徴として、高い塔がいくつも建てられ、最盛期には72もの塔が建設されたそうです。
現在は14塔を残すだけとなりましたが、中世の都市の面影をよく残しているトスカーナの小都市として、観光客に人気のある街となっています。
石畳の道、石造りの家、高い塔。
こじんまりとした街なので、それらがいっそう鉄壁の守りを担っているいるように思えます。

観光客が多いので、メイン通りにはオリーブウッドの木工品や、陶器、リネンなど、お土産選びに最適なお店がずらりと並んでいました。
でも、都会よりもこういう場所の方が、工芸品はよいものが安く売っていたりするんですよね。

街を散歩しながら写真を撮ったりしていると、あっという間にお昼の時間です。
小さな街なので、メインストリートから裏道までくまなく歩き、ようやく気になるお店を見つけました。
覗いてみると、ほぼ満席のよう。
ちょうど出てくるお客さんがいたので、入れ違いに入ってみました。

席についてメニューをじっくり見てみると、肉料理が多い典型的なトスカーナ料理がずらりと並びます。
こういう場所では、やっぱりあまりいじっていない土地のお料理の方が安心ですよね。

前菜に生のポルチーニのフリットがあったのでお願いすると、今日は売り切れてしまったとのこと。。
残念だけど、売り切れるくらいのお客さんだったのかなぁと思うことにして、コントルノの方にあったきのこの煮込みをお願いしました。

そうそう、このスタイル!
やっぱり、トスカーナはこういう茶色いお料理の方が美味しそうよね。

オイルがどっしりしていますが、これがこの辺のスタイル。
上質なオリーブオイルなので、見た目ほどしつこくないんですよ。
トマトのフレッシュな酸味も効いて、なかなかの一皿でした。

 

次はどどーんと、オッソブーコ。
オッソブーコとは仔牛肉のすね肉の煮込みで、骨ごと煮込んであるのでゼラチン質が豊富で、とろりとしたソースにも特徴があります。
ほろほろに崩れるくらいに煮込まれたお肉もおいしいんですが、ぶつ切りにしたお肉の骨から骨髄のゼラチン部分がとろりと溶けだしているおいしいソースを、パンに付けながらいただきました。
このお肉の脂はサンジョベーゼ主体の土地のワインにぴったり。
ワインをお変わりしようか悩みました。。

お腹もいっぱいになったので、腹ごなしに更に街を歩きます。

外壁に絡まる蔦が紅葉していて、綺麗。
この日は小春日和のよいお天気で、とても気持ちの良いお散歩ができました。

帰りのバス停に向かうと、何やら人だかりが?
近づいてみると、どうやら1本前のバスが来なかった模様。。
とても心配そうにしていた日本人のご夫婦がいらしたので、時刻表の見方(平日と休日、夏時間の運行期間など)をお話しているうちに、バスがやってきました。

プルマンは便利なんですが、鉄道ほど表示などがしっかりしている訳ではないので、運転手さんや周囲の人に分からないことは聞いた方が安心です。
イタリア語ができなくても、行き先の地名を語尾上がりで言えば、たいてい通じます。
(どうしてバスが1便運休になったかは、きっと誰にも分からないと思いますが…)
でも、私も初めの頃はガチガチに緊張して乗ってたなぁと、10年前を懐かしく思い出しました。

 

今では心配事はワインの残量くらい、と図太くなりましたが…

 

 

 

【おまけ】

もの思ふ秋。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。