イタリアたびにっき フィレンツェ3

 

 

さて、翌日は友人がおすすめしてくれたお店へ出かけてみました。
確かカッレティエラもあるという話でしたので、昨日のリベンジ!と鼻息荒く入店。
お店の人がにこやかに迎えてくれました。

内装などの雰囲気も、とっても好み。

お水を頼むと、黙って500mlのボトルを置いてくれます。
一人ごはんに1リットルは多くて、いつも半分以上残しちゃうんですよね。
こういう気遣いが、嬉しいです。

さ、いざメニュー!
と見てみると、な、ない!! カレッティエラがない!!(泣)
文字通りがっくりと肩を落としていると、お店のひとが「どうしたの?」と聞いてくれたので訳を話すと、にっこり笑って「簡単に作れるから問題ないわよ!」と言ってくれました。

昨日との対応の差に、じわーん。

夕食の予定を考えてプリモだけにしようかと思っていたんですが、嬉しくなってしまって前菜に白いんげんマメの入ったサラダもオーダー。

イタリアのサラダは、自分でテーブルのオイルやビネガーをかけて食べます。
ということは、胃が疲れている時などはオイル抜きで作ったり、疲労回復にお酢を多めにしてさっぱり食べられるのがGood。
イタリア旅行中の強い味方なのです。

サラダをぱくぱく食べて、ワインを飲んで待っていると、いよいよカッレティエラの登場です。

 

期待値の違いか、心なしか写真も上手く撮れているような(笑)

でも、これ大ヒットの美味しさでした。
にんにくの旨みや風味も結構くるんですが、唐辛子がきっちり仕事をしています。
パンチの効いた辛みと旨みが、鼻孔までくすぐるよう。
パスタが熱々で温度がなかなか下がらないのは、オイルをしっかり使って上手に乳化させている証拠。
ささっと作れるパスタだとは思いますが、すごく作り慣れている感じが、安心して食べ進めることができます。
これは確かに癖になる味だなぁ…

お腹もいっぱいになって、そろそろお友達との約束の時間でもあるので、お会計をお願いしようかと思った時に、ふとショーウィンドウのドルチェが目に止まりました。

実は、ここは友人と一緒に行ってみたいな、と思っていたお店。
でも、彼女の体調が思わしくなく、食事はパスするとのことだったので、ドルチェをお土産に買って帰ることにしました。(彼女はこのドルチェも食べられませんでしたが…)

一人で食事しているのが珍しかったのか、お店の人がいろいろ話しかけてくれたのでそのことも話すと、心から気の毒に…という表情でお見舞いの言葉を言ってくれ、友達のことをとても心配してくれました。
再び、じんわり。。
旅行中って、こういう小さな気遣いがとっても嬉しいんですよね。

今回は簡単な食事になってしまいましたが、また次回、友人や家族と皆で来てみたいな。
Eriちゃん、ビステッカもだけど、ここにも一緒に行こうね!

 

 

 

i’Vinaino
Via Palazzuolo,124/r, 50123,Firenze
Tel:+39 055 292287

ネットで調べたら、フィレンツェ在住の方が紹介している、有名なお店でした。
(あと、先月?発売になっていたフィガロなどにも掲載されていたようです)
でも、人気があるのも納得の味です。
イタリアのお店にしては量が若干少なめなので、日本人にはちょうどよいかもしれません。
フィレンツェSMN駅からも近いので、移動の際のお昼などに立ち寄るのにも便利ですよ。

 

 

イタリアたびにっき フィレンツェ3” への2件のコメント

  1. 気に入ってくれて良かった〜!くせになる味でしょ。
    我が家もすっかりはまって行った2回目、メニューになくてお願いしました。
    お店の人も気持ちいいんだよね。
    イタリアで食べた中で一番にんにくが利いてるひと皿でした。
    食べたいよ〜作って下さい(笑)

    • K さま

      お店情報ありがとうございました~
      確かにクセになる!!
      このパスタは、変に高級に作っちゃダメですよね。
      そろそろ例の料理ワインが届くので、それの肴に作ってみますか(笑)
      Kさんの韓国料理も食べたーい!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。