イタリアたび日記 アルバ2

 

さて、昼食をゆっくり摂っていると、そろそろカンティーナ訪問の約束の時間。
急いでお店を後にし、仕事の絡みで同行することになった友人の車で向かいました。

収穫を待つ、ぶどうの葉の紅葉がとても綺麗。
丘陵地帯の起伏によって日当たりが違うので、紅葉のタイミングも微妙にずれるようです。
また、そのことがぶどうの糖度などにも関係してくるので、この風景そのものの全てがワイン造りにおいて意味がある光景なんだなぁと思いながら、目に焼き付けました。
ぶどうの品種を覚えるのが苦手な私にとって、この景色は勉強の助けになると思います。

と、ここでハプニング!
まさかの、カメラのバッテリー切れ。。。
コンデジ使うのが久々だったので、バッテリー容量を見誤りました。。
ここからの画像は、友人の撮ったものを一部お借りしてます。
TatsuさんGrazie!!

 

 

今回の訪問先は、フォンタナフレッダというカンティーナ。
イタリア王国の初代王、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世が創設に深く関わっているという、由緒あるカンティーナです。
実際は、エマヌエーレ2世が愛妾のローザ夫人にこの土地を贈り、その息子達が生産を担ったそうです。
一時期経営が傾いたようですが現在は巨大資本の傘下に入り、ピエモンテを代表するブランドとして確固たる地位を築いています。

このあたりはお土産にいただいた3キロもある資料本に詳しいのですが、なんせ卒業アルバム3冊分はあるかのような分厚い本。
帰国後のお勉強用として、とりあえず概略だけにしときます。。

 

さて、さすがにワイン友達が自慢していただけあって、とても広大な土地に醸造施設・貯蔵庫・宿泊施設・レストラン…と、様々な施設が点在しています。
一周したら、よい運動になるでしょうね~
今までも何度かイタリアのカンティーナ見学はしましたが、ここまで規模が大きいところは初めて。

 

貯蔵庫も広い広い…
ガイドをしてくれた男性とはぐれたら結構怖い事になるだろうな、という重々しい空気。
でも、このひんやりと湿った空気がワインの為に欠かせない環境なのです。
出来上がりを待って発酵を続けるぶどう。
静かで寝心地いいんだろうな。

さて、1時間ほども場内を案内してもらった後は、お楽しみの試飲大会!
初めに聞いていた話では2~3種類を試飲させていただけるとのことでしたが、広報担当の女性のきっぷの良さか、ワイン友達の影響力か、文字通り「大会」になりました。。

質問するたびに、フォンタナフレッダ社の主力商品をどんどん持ってきてくれて、たっぷり飲ませていただけました。
その数なんと10種類以上!
途中から飲み干すのはやめねば、、と決めましたが、それでもなかなかの飲みごたえ。
本格的にワインテイスティングをする時は、酔って他の味が分からなくならないように本来は口に含んだ後に吐き出すものなんですが、私は飲みこんだ時ののど越しも知りたいので、まじめに(?)飲んじゃいます。
ぶどうの特徴をよく知ることができるようなワインばかりで、とても勉強になりました。

 

最後の頃にはおつまみまで出てきて、なんだかどんどん楽しくなってきたところで、時間も遅くなったのでそろそろお開きに。

その後、併設のヴィラに泊らせてもらうことになっていたので、案内していただきました。
ヴィッラのお部屋はシックで可愛いくて、窓の外には紅葉した森が広がっていました。

空気も綺麗で、とても静かで、ぶどう同様人間にもとてもよい環境です。
今度はゆっくりバカンツァで来たいな~と思うような、素敵な場所でした。

 

 

FONTANAFREDDA

Via Alba,15-12050,Serralunga d’Alba(CN)-Italy
Tel  +39 0173 626 117

 

 

 

イタリアたび日記 アルバ2” への2件のコメント

  1.  どうも、こんにちは。

     おいしいレストランに一緒に行けて楽しかったです。

     引き続き、実り多き秋の滞在を楽しんでくださいね。

     また、また、連絡します。

    • tatsu さま

      こちらこそ、いろいろありがとうございました。
      美味しかったですね~
      tatsuさん見てたら運転したくなったので、イタリアで運転する!を目標に頑張りたいと思います。
      まずは、法改正の件、調べてみますね。

      また連絡します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。