イタリアたび日記 トリノ

 

ミラノで日本からの移動の疲れを癒してもらって、次の目的地トリノへやってきました。

トリノへ着いてホテルにチェックインすると、テラスからの眺めがよいお部屋に案内されました。
そんなに高いお部屋ではなかったんですが、広い上にバスタブも付いていて、自然とテンションが上がります。
せっかくなので熱いお風呂に入ってゆっくりしてから、街の探検に出かけました。

 

トリノのパン屋さんには、ピエモンテ発祥のパン、グリッシーニがたくさん並びます。
味や形のバリエーションも豊富で、メモを取りながら見入ってしまいました。

地元の人で混雑しているお店があったので、早速お買い上げ。
香ばしくてかりかりっとしていて、今まで食べたグリッシーニの中でも断トツに美味しい!
他に買ったパンもとても美味しく、噂に聞いていたトリノのパンのレベルを体感しました。
グリッシーニを小脇に抱えて、ポリポリかじりながらお散歩を続けます。

お菓子屋さんもトリノらしい品ぞろえ。

トリノはチョコレートも有名で、特にホットチョコレートに泡だてた牛乳などを加える「ビチェリン」はほとんどのカフェで見かけます。

そういえば、トリノはフランスの影響が濃い街で、BAR(バール)ではない、CAFE(カフェ)やSALA DA TE(サーラ・ダ・テ)のようなフランス風の雰囲気のお店が多いようです。外にソファセットを置く店も多くて、歩き疲れた足には嬉しかったです。

 

そろそろ食事にしようかな~と思ってお店を探していると、地元の人が頻繁に出入りするドアを発見。
近づくとレストランで、メニューを見て「ぴんっ」ときたので入ってみました。
ちょうど食べ終わってお店を出るところだったシニョーラが「今日のメニューも美味しかったわよ~」と教えてくれたので、期待大!

まず前菜に「野菜に乗せたクロッカンテ(かりかり)な卵とチンタセネーゼのパンチェッタ」というものをオーダー。
直訳的ですが、その通りの風貌。
ただびっくりしたのは、ポーチドエッグに上手に火を入れてあり、更にパン粉の衣を付けて揚げてあるのにとろりとした半熟状で、この「かりっ」と「とろっ」との食感の対比が唸るほど。
クロッカンテな卵というから、てっきりかりかりパン粉をかけてあるのかな?と思ったんですが、調理技術もハイレベルでとても美味しかったです。
卵を半熟で食べるスタイルも、イタリアではちょっと新鮮でした。
この辺もフランスっぽい。

 

次はピエモンテ名物の「タヤリン」をアンチョビと松の実のソースでいただきました。

タヤリンは細いタリアテッレのようなパスタですが、通常の卵入り手打ちパスタよりもさらにたっぷりの卵(卵黄)を加えるリッチなパスタ。(コレステロールも気になるケド…)
海が遠いピエモンテでは、魚の加工品であるアンチョビもお料理によく使われます。
卵の甘みとアンチョビの塩気に、ローストした松の実のコクも加わって、とてもバランスよくまとまっています。

このテイストに、ローズマリーをプラスするのも新鮮な気分。
盛り付けはちょっとちょんまげっぽくて、クスリとしちゃいましたが。。
パンがざるに入ってきたところといい(このパンもおいしい)、インテリアにもよい意味で遊びが感じられて、くつろげるおいしいお店でした。

 

 

Ristorante Consorzio

住所:Via Monte di Pieta’,23,10122 Torino
電話:011.2767661
HP:http://www.ristoranteconsorzio.it

後で調べたら、地元でも人気のお店だったみたいです。
勘が当たったみたいで、ちょっと嬉しい。。
予約をしてから行った方が良さそうですよ。

 

 

 

【おまけ】

トリノの地下鉄はぴっかぴか!
近代的で不安なく乗れます。
でも、さすがにドアに指を挟まれたら痛いですよ?
くまちゃん笑ってるケド。。

 

 

 

 

イタリアたび日記 トリノ” への8件のコメント

  1. 着々と旅をこなされていますね〜
    ピエモンテのパン美味しいでしょ!
    トリノは街も独特の雰囲気だし、お菓子屋さんやカフェも多くて大好きです。
    特にパンは感激しました。
    パン屋さんに並ぶものからレストランの自家製パンまで。
    イタリアの中でも群を抜いて美味しい気がします。
    帰国後は是非、ピエモンテのパンの会やって下さい。
    胡桃入りのグリッシーニかなり気になります。
    こそっと作ってみようかな。帰国後の新しいkyokoワールド期待しています!

    • ひと山向こうのK さま

      コメントとメール、ありがとうございます。
      メールのお返事は、帰国後改めてしますね。

      トリノは寒い季節が似合う街だな~と思いました。
      私の中では「パリっぽい街」
      街路樹の紅葉がとっても綺麗で、シャンソンとか流れてそうでした。

      ピエモンテのパンの会、お題を差しあげますので、Kさん主催でお願いします(^_^;)

  2. ↑Kさま
    あ、やっぱり粉系に反応してるっ!!ボローニャ巡りご一緒しながら、Kさんの話が出てました。今度おあいするのを楽しみにしてまーす。…って、kyokoちゃんの画面を利用させもらっちゃいました。kyokoちゃん、昨日はありがとね。いろいろ話ができて楽しかったよ。残りの旅も充実のものにしてくださいね。また会いましょう!!

    • aki さま

      こちらこそー!!
      料理の話をたんまりできて、とっても楽しかったです!
      夕食もごちそうさまでしたm(__)m
      でも、宴会用に買った食材、未だ消費しきれず…

  3. うふふふ。
    粉好きです〜!そろそろakiさんに会ってる頃ではないかと思っていました。
    ボローニャではティジェッラにあの平らなパン、手打ちパスタもいっぱいあるしさぞや美味しい時間を過ごしたことでしょうね。
    会っていっぱい美味しいお話ししたいです。楽しみにしてます。

    • K さま

      あ、そういえば!
      ティジェッラもピアディーナも今回食べられませんでしたー(>_<) ティジェッラって、もう少しエミリア側が主なんですかね。 今度焼いてください♪

  4. 教会の屋根がニョキニョキ♪カワイイ街並みですね。
    トリノ、行ってみたい街になりました。

    チョコ好きの私にとって、お店のショーケースにも釘付け☆
    クマキャラ好きの私にとって、地下鉄のステッカーにメロメロです。
    笑っているところなんて、ユーモアたっぷりですね。

    知らない土地の情報は刺激いっぱいです。
    楽しみにしております。

    追伸:先日うどんが届き、2人で2袋ぺろりと食べた我が家です(^_^;)

    • さっこどん さま

      イタリアはどの街にもそれぞれの個性があって、とっても面白いですよ!
      街並みも、美しい・可愛い・荘厳・のどか・・・と、いろいろな顔を持っています。
      食べモノばかりの写真で申し訳ないくらいです。。。
      ぜひご自分の目で見てみてください!

      麺工房のうどん、いかがでしたか?
      高松の友人が帰国後用のうどんを用意してくれたので、私も帰るのが楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。