四国たび 小豆島

四国たび、更新が途中になっておりました。

この間、また大型の台風が日本列島を縦断しました。
台風上陸は毎年のこととはいえ、今年は被害が大きいので心配です。

私はというと、「強子」とマイPCに誤変換されるくらい、天候不順や自然災害には強い運を持っておりまして、37年間のほほんと生きてきました。 

ホントは奥ゆかしい感じの「京子」なんですが?

四国たびでは悪天候の隙間をぬって、念願だった小豆島にも行けました。

波が穏やかな瀬戸内海は、フェリーが縫うように周航しています。
広い空と境界が分からないほどの静かな海、雲が海の上に浮いているような錯覚に陥りながら、高速船で高松港から30分ほどで小豆島に到着しました。

小豆島での目的は、

・オリーブのアク抜きについて勉強してくる
・瀬戸内海を堪能する
島宿真理さんに行く
・小豆島名産のおいしいそうめんを食べる

の4つです。

時間配分の都合上、まずは島宿真理さんへ。
実はここ、予約困難な人気宿にも関わらず数年前に手配に成功し、宿泊目前に諸事情によりキャンセルせざるを得なかった幻の宿だったのです。

今回は高松の友人の情報により、昼食のみの利用も可能ということを確認し、念願かなってお邪魔できました。

お昼は予算に合わせていろいろいただけるのですが、夕食に高松での宴会も待っていたので、一番軽そうなコースをお願いしておきました。
竹籠膳3,500円というコースですが、これがまぁすごいボリューム!

素敵な個室でいただける写真のお料理の他に、小豆島の地の素材を使ったお料理をたくさん運んでくださいまして、なんとその数16品!!
飲まずにはいられないほどの皿数に、快くレンタカーの運転手を買って出てくれたおっとに甘え、おいしい小豆島の地酒を頂きながらの昼餐を堪能しました。

おっとに貸しがあったものですから ♪

そして、お料理の途中で小豆島特産のおいしい素麺もいただき、ミッション2つクリア!
しかもこの素麺、乾燥させていない生麺なんですよ。

通常、素麺は香ばしい油(小豆島は良質な胡麻油などの植物油も特産なのです)を表面に塗って乾燥させたものが流通していますが、地元の製麺所から取り寄せている生麺は腰があり、滑らかなのにもちもちしています。
添えられた、瀬戸内で獲れた太刀魚の竜田揚げのボリュームと風味とのバランスもよく、とても美味しかったです。

真理さんの素晴らしいところは、お料理だけではありません。
インテリアから始まり、スタッフの方のホスピタリティも素晴らしく、昼食だけという短時間でしたが、とても居心地のよい時間を過ごさせていただけました。

次こそ絶対に宿泊しよう!と心に誓って、後にしました。

お次は、やはり小豆島名産の美味しいお醤油を作っている、ヤマロク醤油さんの蔵へ。

時が止まったかのような蔵に入ると、高さ2メートル以上はある巨大な杉樽が並んでいます。
はしごを使って登らせていただくと、樽の口がぽっかりと広がっていました。

素材・温度・湿度・天然酵母。

造り手の努力と、自然の産物の仕事が心地よいほどの環境を作り出し、静かに、そしてたゆやかに、完成の時を待ちながら熟成を続けていました。
飲食に携わる者としては、自然と頭が下がるような厳粛な光景です。

先の真理さんに紹介していただいた蔵元さんで、下調べもなく伺ったのですが、昔ながらの製法を守っていらっしゃる姿勢に触れられて、自然と感謝の念が芽生えるような素晴らしいものを見学させていただけました。

お土産のおいしいお醤油も購入でき、テンションも上がったところで、次はオリーブのアク抜きについての勉強に向かいました。

小豆島は日本では珍しい、オリーブ農園が広がる場所です。
当然オリーブの実を加工した特産品も多く、加工に関しては何かしらの情報収集が狙えると思い、イタリアンに携わるようになってからは訪れてみたい土地の一つでした。

そして念願かない、私が理想としていた製法でオリーブの加工が出来ると知り、一安心。
残りの四国たびは食い倒れでいいか~と思うくらい、充実した小豆島滞在となりました。

おっと、忘れてた!
もうひとつ、小豆島での目的、「瀬戸内海を満喫する」というミッションが残っていました!!

ご覧の場所は、小豆島屈指の名所「エンジェルロード」です。
満潮の前後2時間だけ、奥に見える島との間の砂浜が繋がり、道ができるのです。

この道を渡ることができたカップルは幸せになれるとか、道の真ん中で愛を叫ぶと成就できるとか、そんなかんじの場所です。。

私達が行った時間はご覧の通りまだ道が繋がる直前だったので、瀬戸内海で海水浴をするのに持ってきたマリンシューズに履き替え、ざぶざぶと渡ってみました。
クラゲがいて、可愛かったですよ。

石橋は叩かず、渡らず、面白がって泳いじゃうタイプ w

夕刻が迫る頃、楽しかった小豆島を後にし、フェリーで高松に戻りました。
天気は悪くなってきましたが、夜の宴会に向けてテンションMAX!

というのは、仕事の関係で完徹だったから(笑)

こんな感じで、楽しいたびの夜は更けていきます。

日本料理・島宿真理

住所:香川県小豆島町苗羽甲2011
電話:0879-82-0086
IN 14時 OUT 11時
HP:http://www.mari.co.jp/home.html

※とても人気のある宿です。宿泊予約に関しては、HPで確認してください。
 また、昼食は10名からの予約制ですが、状況によっては少人数での予約も受け付け
 可能だそうです。
 まずはお電話で確認してみてください。

ヤマロク醤油

住所:香川県小豆島町安田甲1607
電話:0879-82-0666
営業:9時~17時・無休
HP:http://yama-roku.net/

※見学は予約不要・無料。スタッフの方がとても詳しく説明してくださいます。
 お醤油は購入可能。
 一部商品は、高松の三越でも扱っていました。
 こだわりの醤油蔵、小豆島に来たら必見ですよ。

四国たび 小豆島” への10件のコメント

  1. 素晴らしい旅のコメントにはふさわしくないかもしれないけど…。このフェリーのおさがりをクロアチアで乗りました。瀬戸内海のお役御免の後はアドリア海で老後を送ってました。なんだかすごく不思議な気分だった…。ことを思い出しました。

  2. aki さま
    そうなんだーーー!!
    なんだかよい話ですねぇ
    このフェリーを操縦していた船員さん達も、嬉しいだろうな。
    海は繋がっているし、旅情をかきたてられるね。

  3. 土産話はいっぱい聞きましたが、写真で振り返るとまた良いですね。ヤマロクさん、カッコイイ。
    先週訪ねて来てくれた京都の友人に早速ヤマロクさんを勧めたところ、商店街でどっさり購入。翌日鳴門への道すがら、同じく「かめびし」さんに立ち寄り「青唐辛子醤油」も購入。彼女の夫曰く、「うどんに、この醤油と少々のお酢を垂らすと絶対にいける」との事。私には想像出来ませんが(苦笑)。
    この日も鳴門は大潮。ダイナミックな大渦が見れましたよ。

  4. おそうめん、ホントに美味しそうです。
    男らしい讃岐うどんもいいですが、
    女性らしい生そうめん、魅力的です。
    高松に宿泊していたホテルから、小豆島行きのフェリーを
    眺めていたのですが、「行きたいねー」で終わってしまいました。
    風光明媚な景色の数々、美味しい物の宝庫ですね。
    お醤油も惹かれるな~。
    ちなみに1年ほど前から工場見学が好きな私です、
    こちらは工場とは一味違いますが、とても行きたいです♪

  5. mariko さま
    鳴門ガイド、お疲れ様でした。
    徳島ラーメンは食べられました?
    私も、かめびしさんの青唐辛子醤油にすだちを絞って食べる醤油うどんが、帰ってからのブームでした。
    どーしよ、全然飽きないんですが…(笑)
    お土産に買ったうどんも食べ尽くしてしまったので、再び例の製麺所からお取り寄せしようかと思っております。。
    【業務連絡】
    お待たせしました!
    ようやく頼まれたものが揃ったので、発送しますね~

  6. さっこどん さま
    小豆島は未踏でしたか。
    では、次回はぜひ!!
    素麺の製麺所や、醤油蔵、ごま油の製油所など、製造見学できる場所もたくさんあって、楽しいですよ~
    中でもヤマロクさんは、本当に素晴らしかったです。
    ところで、高松のホテルはクレメントでしたか?
    私達もこのホテルで、フェリー乗り場がよく見えました。
    ここのパジャマをえらく気に入ってしまい、自分用にお買い上げしたら、おっとにえらく笑われました…
    可愛いですよね??

  7. 2度ともクレメントです(笑)
    確かにあのパジャマ、着心地良かったかもです。
    寝像の悪い私は浴衣が苦手で。。(恐ろしい状況に…)
    なのでパジャマはポイント高いです。
    確か丈の長いパジャマ?!でしたっけ。
    寝像の悪い私にも安心(^皿^)
    お土産で購入可能出来たのですね~。

  8. さっこどん さま
    おぉ!やっぱり!!
    そうなのです、着心地がよいのです!!
    私が気に入ったポイントは
    ・上着の着丈が長い(下はあまり使わないので、長いと便利)
    ・柄がしましま(しましま好き)
    ・ボタンが1つのプルオーバータイプ(うつぶせになった時に痛くない)
    ・襟が立つ(髪が短いので暖かくて便利)
    ・一見、上だけだとワンピースにも見えなくはない(コンビニは無理だけど、宅急便くらいなら何とか?!)
    と、これだけの利点を力説したんですが、違いの分からない男(=おっと)には伝わらず…(-_-)
    1Fのショップで購入できましたよ。
    色は水色とグレーの2色ありました。
    今回は水色を買ったんですが、あまりの着心地のよさにグレーも密かに狙っています ^m^

  9. 主人ともども大爆笑でコメント読ませていただきました。
    ワンピースありです(笑)
    私も先日ユ○○ロで購入したルームウェア(上)を会社に着て行こうかと。。。
    残る旅日記も楽しみにしています♪

  10. さっこどんさま
    ご主人様も見てくださってるんですか?
    それは心して書かなくては…
    おっとは、ユニクロで買ったおされステテコはいて会社に行ってましたよ~
    私も、このパジャマの下にヒートテックのレギンスとか履いて、アクセントのベルトでも巻いて、襟を立てれば、電車にも乗れるんじゃないかと思ってます (^_-)-☆
    袖口の「HOTEL CLEMENT」のロゴさえ見つからなければ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。