夏休み放浪ごはん日記 1

小さな頃から放浪癖があって、よく迷子になりました。
そんな時、親切な人が必ず現れて、ちゃんと両親のもとに帰ることができました。

今思うと、のんびりした時代でしたよね~

大人になった今もふらふらするのが好きですが、やっぱり親切なひとがたくさんいて、ごはんを食べさせてくれます。 

ここ1ヶ月ほどそんなお誘いが多く、おいしいものをたくさんご馳走になりました。

まずは、仲良しのプチ・シューさんのおうち。
お届モノがあったのでお邪魔したんですが、素敵なランチを用意して待っていてくれました!

プチ・シューさんはお菓子の先生なので、さすが!の一言の美しい盛り付け。
オクラとソテーした山芋のサラダですが、この山芋の食感が何ともいえず美味しいサラダでした。

これ、茶豆のポタージュなんですが、ミント風味なんですよ!
冷製に仕立てているので、爽やかなミントの香りが引き立ちます。
とってもおいしかったので、我が家のミントがもう少し大きくなったらぜひ作ってみたいです!

「簡単なものしか作ってないよ~」と言いつつ、紅茶で煮込んだ煮豚も登場!
圧力鍋で煮込む=短時間=簡単、ということらしいんですが、アニスなどのスパイスも効いていて、本格的なお料理です。
暑い日だったので冷菜としていただきましたが、寒い日に温かくいただくのも美味しそう~
はちみつチップ入りの手作りのふわんとしたパンにはさんで食べると、やみつきになりそうです。

そして、プチ・シュー家では、当然こんなすてきなプロのデザートがいただけます。
ロールケーキの生地の配合や、杏のソルベの作り方のポイントなど、楽しいお話もたくさん聞けて勉強になります。

たくさんご馳走になって、プチ子ちゃんとも遊べて、その上お土産までいただいて、とっても楽しい夏休みでした!

というわけで、夏休みの絵日記ならぬ、夏休みの放浪ごはん日記。
しばらく続きます。

宿題はたまってからぎりぎりでやる派。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。