刺身BAR 河岸頭

最近、ちょっと面白いお店を見つけました。
築地場外にほど近いマンションの地下にある、刺身BAR 河岸頭 という魚料理のお店です。

立地からも店名からも魚を食べさせる店であることは歴然とし過ぎていて、普段だったらさして興味を引かれなかったかもしれません。

いろいろウルサくて、すみません。。。

何がアンテナに引っかかったかというと、ここはおまかせコース料理のみで、そのお料理がまるでお鮨屋さんのカンウターで食べる「魚の肴」系らしい、ということ。
なのにお値段控えめという、嬉しい設定。

これは行かねば!と、札幌会社員時代にお鮨屋さんにはうるさくなってしまったおっとと一緒に、先日行ってきました。

ウルサイ2名、って嫌な客だなぁ

まずはお通しで、右上から「稚鮎の焼きびたし」「茄子の揚げだし」「海ぶどう」「生白魚」「つぶ貝旨煮」がずら~っと並びます。

これだけでビール3杯は軽くいけます。

次に「帆立貝のごま油風味」がやってきました。
生の帆立貝の貝柱とひも部分を、ごま油と塩で和えた一品。
そろそろ日本酒かな~と思っていましたが、ごま油の香りに誘われてもう一杯ビール。

お次は「タラバ足 かにみそソース」

蟹だと条件反射で「おぉ~」って言っちゃうのって何ででしょうね(笑)
私の好きな蟹みそがソースになっていて、迷わずここからは日本酒にシフト。
甘い蟹肉と蟹みそのコクが、日本酒にぴったりです。

次は「大あさりの酒蒸し」。
味が濃い上に大きくって、蟹の甘みの後に出す、味の緩急のつけ方が上手です。
釣られておっとも日本酒に変更。
やっぱり日本酒は二人で飲んだ方が美味しいよね。

と、ここで「お造り」登場!

これには正直うなりました。
普通「お造り」って、最初の頃に出ますよね?
お醤油や塩でシンプルに食べるお料理なのが理由だと思いますが「とりあえずビール!」派にとっては、なんとも悩ましい順番。
お造りを堪能するには日本酒だけど、でももう少しビールも飲みたい…
というジレンマに、身悶えてしまうのです。

もっと別な事を悩め~

でも、しばらくビールを楽しめるお料理の後なら、心おきなく日本酒へ心移りできます。
この日は、鮪中トロ・大トロ・ボタン海老・のど黒・金目鯛・生蛸・きびなご・小はだのお造り。
日本全土の美味しい魚が揃うのは、さすが築地!
のど黒のお刺身は初めて食べましたが、こりっとした食感と脂のノリが最高でした。

この辺で、すでにお腹は結構よい感じです。
そろそろお料理も終わりかな?と思い、トイレに立って戻ってきてみると、、、

「わかさぎの南蛮漬け」と「まぐろのカマ焼き」が鎮座していました。。。

そう来るなら、飲まないわけにはいかないよね?
と、更にお酒を追加。
魚料理って、食べる手間も手伝ってか、お酒がちびちび進んでしまうんですよね。

もうこれ以上はリングにタオルを投げようかと思ったところで、〆ごはん登場!

「鯛めし いくら乗せ」 & 「アラ汁」!!

最後まで期待を裏切らない、素敵なお店です。
こうなるともう満腹中枢もやられてしまうのか、あっさり完食してしまいました。
最後に炭水化物を食べると、満足感が増しますね。

このおまかせ料理、気になるお値段は…
なんと、税込3.990円 !
これだけの内容の魚が食べられて、このお値段はお得だと思います。

ちなみに、今回は二人で生ビール8杯、日本酒6~7合飲んで、お料理と合わせて合計16.000円。
お酒のお値段は格別安い訳ではありませんが、日本酒の銘柄を考えると妥当です。

高級店のサービスや雰囲気を重視する方には物足りないかもしれませんが、おいしい魚料理とお酒をたっぷり楽しみたい方にはオススメです。
前日までの予約時にお願いすると、飲み放題にもできますよ。

おっとの勤務先に近いので、待ち合わせごはんのお店リストにひとつ仲間入りしました。

帰り道、腹ごなし(酔い覚まし?)に銀座までぶらぶらお散歩するのも楽しいです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。