イタリア料理教室 4月レッスンメニュー

2カ月ぶりの開催となりました、イタリア料理教室La mimosa 4月のレッスンがスタートしました。

今月は、多くの方の想いがこもったレッスンとなりました。 

まずは、平和と繁栄の象徴のオリーブの小枝と、リラックスできる(&花粉対策の)ユーカリのアロマでお出迎え…

Antipasto   Insalata Russa di Pasuqua
パスクアのサラダ
パスクアのロシア風サラダ

農園直送のおいしいイタリア野菜を使って、イタリアでは「ロシア風」と呼ばれるポテトサラダを作り、今月24日にあるパスクア(イタリア語で復活祭=イースターの意)にちなんで茹で卵の器に詰めました。
暦の関係で今年のパスクア(復活祭)は遅く、4月24日がそれにあたります。
本来はキリスト教の宗教行事ですが、今、多くの人が願う『復活』を想い、試行錯誤したお料理です。
アクセントになるスパイス使いで、おとな味のポテトサラダに仕上げました。

Primo Piatto   Pappardelle al Ragu’ di Anatra all’Arancia
鴨のラグー
鴨のラグー和えパッパルデッレ オレンジ風味

先月ご紹介する予定でした鴨のラグー、復活です!
国産のおいしい清見オレンジを使って風味豊かに鴨ラグーを作り、手打ちのパッパルデッレに絡めます。
濃厚で爽やかで、思わずにっこりしてしまうおいしさです。

Secondo Piatto   Bocconcini di Maiale con Cavolo nero
豚肉と黒キャベツの煮込み
豚肉と黒キャベツの煮込み

こちらも農園直送の黒キャベツを使い、トスカーナの煮込み料理を作ります。
本来は冬のお料理ですが、ガツンとした熱々のお肉料理で元気を出していただきたくて、あえて登場させました。
とろとろに煮込んだ豚肉に、甘ーい黒キャベツがまったりと絡みます。
黒キャベツはそろそろシーズンが終わりなので、珍しい花芽も収獲リストに発見!
こちらはさっと茹でて、おいしいEXVオリーブオイルとお塩で和えるシンプルなコントルノ(付け合わせ)に。
黒キャベツを存分に堪能してください。

これらのお料理に合わせるのは、やはり「復活!」のmieux-mieuxさんセレクトのおいしいワイン。

I Vini

09 VILLA ANGELA PASSERINA(右)
’06 IL GENTILE DI CASANOVA(左)

右のヴィッラ・アンジェリーナ・パッセリーナはマルケ州の土着品種のぶどうを使った白ワイン。
白い花やグレープフルーツのピーリーな香り、果実味と凝縮したようなミネラル感が溢れています。
個人的にかなり好みのワイン!
アンティパストの卵料理と合わせていただきます。

左のイル・ジェンティーレ・ディ・カサノーヴァはピエモンテの有名ワイナリーがトスカーナで手掛けた赤ワイン。
なめらかで滑るようなタンニンが、心地よく広がります。
フルボディでバランスよく、エレガントで優等生的な味わい。
バルサミコのニュアンスもあり、鴨ラグー・豚の煮込みの甘酸っぱいソースにぴったりです。

そして、今月のおまけドルチェは…

Dolce   Bavarese con Fragole   
いちご
苺のババレーゼ

リキュールなどでマリネした苺をたっぷり添えた、ババロアです。
本当は違うドルチェを考えていたのですが、風評被害の為か、叩き売り状態で売られていたこのコ達を見過ごすことができず、連れて帰ってきました。

最近、八百屋さんとお魚屋さんのパトロールが日課です(笑)

きちんとした機関で検査された、安全な苺なのでご安心くださいね。 

今回のレッスンほど「食」について考えたことはありませんでした。

食のプロとしてこの業界に携わること15年、学んだ期間も入れると20年です。
学校での知識・現場での経験などを総動員しても、悩む日々が続きました。

私は食材などを仕入れするにあたって、顔の見える、長いお付き合いができる方とお取引させていただくようにしています。
食卓に集まる全ての物には、作り手の方や送りだす方のたくさんの想いが詰まっていると思うので、そういうものを大切にしてくださる方達とお仕事がしたいからです。

今回の仕入れにあたっては、そういった方々の強い強い願いや、生徒の皆さまに対するお気遣いもお預かりしました。

同じ食業界に携わるたくさんの方々と意見を交わし、私達ができること、やらなければならないことが以前にも増して明確になってきたように思います。

食べものは体の栄養に、美味しいものは心の栄養になります。

皆さんが健やかな気持ちになれるような、そういったお料理と情報を発信していきたいと思います。

イタリア料理教室 4月レッスンメニュー” への6件のコメント

  1. 身体の栄養も、こころの栄養もたっぷりいただいて帰って来ました。パスタは娘も大好きなので、近々復習しようと思います。

  2. 1ヶ月ぶりのレッスン 楽しかったです。
    おいしいお料理・ワイン&お心遣い
    ありがとうございました。
    また明日からがんばれそうです(*^_^*)

  3. miya さま
    こちらこそ、いつもお気遣いありがとうございます。
    miyaさんは粉モノ系お得意ですものね!
    お嬢様がお忙しくなる前に、ぜひご一緒に復習してみてください。
    kyoko-u さま
    本当にお疲れさまです。。
    早く落ち着かれますよう、願っています。
    GWは私もまた帰省する予定でいますので、何かお役に立てることがあったら、お声をかけてくださいネ

  4. パッパルデッレ復習しました。パスタマシーンを知人から借りれたのは良かったのですが、ちょっと薄くしすぎました。それでもふんわりした食感はバッチリOK!ソースは合い挽きで作り、オレンジ抜き。サッパリといただけました。
    セコンドは、かじきのソテー、ミニトマトのバジルソースにしてみました。こちらも上出来、黒キャベツの代わりにスティックセニョールというブロッコリーの細長いやつを使いました

  5. パッパルデッレ復習しました。パスタマシーンを知人から借りれたのは良かったのですが、ちょっと薄くしすぎました。それでもふんわりした食感はバッチリOK!ソースは合い挽きで作り、オレンジ抜き。サッパリといただけました。
    セコンドは、かじきのソテー、ミニトマトのバジルソースにしてみました。こちらも上出来、黒キャベツの代わりにスティックセニョールというブロッコリーの細長いやつを使いました

  6. miya さま
    早速復習してくださったんですね。
    サスガです。
    パッパルデッレは見た目の豪快さとは別に、厚みの設定が繊細だと思います。
    薄過ぎても厚過ぎてもバランスが悪くなってしまうので、なかなか難しいんですよね。
    ぜひお好みの厚みを探り当ててください。
    カジキのセコンドもおいしそう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。