札幌 お鮨屋さんのおすすめ

次は札幌・上級編にまいりましょう。

先に「その都市のお寿司のレベルは回転寿司でわかる」と書きましたが、
回転寿司と回らないお鮨屋さんは別物です。

広辞苑を引くと「寿司」は「鮨」の当て字とあります。

個人的考察ですが、寿を司る「寿司」はお祝いや家族の食卓に相応しい食べ物、
一方旨い魚と書く「鮨」は美食を極めたもの、そんな風に思います。

 

今回は贅を極めた「鮨」のおすすめをご紹介します。

鮨ふぐ処いと川

まずはお料理のご紹介から。

地のもののお造りは左上から時計回りに
真いか・海水うに・平目・水蛸・鮑・毛蟹のかに味噌和え・たらば蟹の内子

いと川

お料理は左上から
あぶり真だち・白子のかまぼこ・カニ味噌焼き

左から
メロ煮つけ・いか真砂子和え炙り・焼き数の子

これらの絶品のお料理はすべて『鮨 ふぐ処 いと川』さんでいただけます。

こちらのお店、実は15年近く通っていたすすきののなじみのお鮨屋さんの板長・吉永さんが、
満を持して独立して開いたお店です。

新店も同じくすすきのに居を構え、カウンター主体の落ち着いたくつろげる造り。
板場との距離も近く、お話も楽しめるのが何より嬉しかったです。

吉永さんのお料理の技は変わらず健在。
魚を知り尽くした板長が仕事をした魚介類は、刃の入り方、火の入れ方、全てにおいて
「丁寧」に尽きます。
お鮨屋さんのメイン、握りも、吉永さんはお客さんの様子に合わせて握り方を変えているほど。
魚の一番おいしい食べ方を知っているので、目の前で仕事をしていても本当に楽しそうです。
「魚が本当に好きなんだなぁ」と思わせる方で、料理される魚も嬉しいだろうなと思いました。

吉永さんには私が20歳の頃からお世話になり、夫婦ともども良い酒飲み(?)に育てていただいた御恩があります。
いつお邪魔しても優しく歓迎してくださり、本当に楽しくお鮨とお酒をいただける貴重な場所。
以前勤めていた、すすきので多店舗展開するお店の板長としての重圧から離れ
「利益よりも、お客さんに喜んでもらえることを優先したい」とおっしゃっていたのがとても吉永さんらしく、素敵なお店になる予感に溢れていました。

ちなみにこの日のお会計は、上記のおまかせにプラス2~3品、日本酒を2人で一升近くいただいて、1人1万円しません。
初めてのお鮨屋さんでおまかせが不安な方には、値段が明記してあるメニュー表もあるので安心です。

カウンターで絶品の北海道の旬をいただけて、気軽に寄れるお鮨屋さん。
本当におすすめですよ。

鮨 ふぐ処 いと川

住所:札幌市中央区南六条西三丁目おおたビル一階
電話:011-530-0220
営業:午後6:00~午前2:00  (祝日 午後6:00~午前0:00)
定休:日曜日(日・月連休の場合は月曜日がお休み)

【個人的備忘録】

国稀

サッポロクラシック
国稀
国稀特別純米
金滴
熊ころり
熊ころり

おっとの致死量は日本酒3合以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。