持ち寄りワイン会

先日、いつも一緒にワインを飲んでいるお友達のお宅にお招きいただき、
メンバーでの持ち寄りワイン会を開催しました。
今回のテーマは『自慢料理&それに合わせたワイン』というお題。
そして、その組み合わせの相性をワインの先生に評価していただくというもの。
個性的なメンバーが持ち寄ったものは、やっぱり個性的でした!
ワイン会
お料理とワインの組み合わせは…
プロシュット&チーズの盛り合わせ=フランチャコルタ(イタリア・スプマンテ)
キッシュ=ランブルスコ(イタリア・赤微発泡)
レバーパテ、蟹のブランデー風味和え手打ちタリアテッレ=ピノ・ノワール(カリフォルニア・赤ワイン)
切干大根のサラダ、ブロッコリーとカリフラワーの胡麻和え、れんこんの塩きんぴら、信田巻き銀餡がけ、シメ鯖、柚子風味のはらこ飯=ゲヴェルツ・トラミネール(イタリア・白ワイン)
ローストポーク、カポナータ=アルバーナ・ディ・ロマーナ(イタリア・白ワイン)
サルシッチャとひよこ豆のトマト煮込み=キャンティ・クラシコ(イタリア・赤ワイン)
と、層々たるお皿&ワイン達。
どれもとても美味しかったのですが、先生が決めた1番はサルシッシャ&キャンティ・クラシコ。
サンジョベーゼの明るい酸、華やかな果実実が、サルシッチャの脂をすっきりとさせてくれ、申し分ない組み合わせ。
満場一致で1位となりました。
今回の参加者は、もともとはイタリアワインのセミナーで一緒だったメンバーで、今では先生もお仲間に定期的にワイン会を開いています。
場所もイタリアンレストランだったり居酒屋さんだったりと、趣向を凝らして開催しているので、毎回とっても楽しみな会です。
今回はお料理もさることながら、ワインもずらりと並びものすごい豪華なテーブルになりました。
家中のテーブルをつなげてまっ白いクロスをかけ、ワイングラスとご馳走を並べた様は、まるでイタリアの親戚一同が集まる食事会みたい。
雰囲気も含めて、とってもおいしい会になりました。
ちなみに私は、思い切って和食とイタリアワインの組み合わせにチャレンジしたのですが、先生曰く「従来のゲヴェルツよりもワインの出来が良過ぎて、ワインのボリュームに料理が負けてしまった」との評…。
「発想はよかったんだけど、イタリアワインは造り手によって味が違うからね~」と慰めてもらいました。。。
忘年会でリベンジ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。