粉モノ研究部

事の発端は、Kさんの「変わったオレッキエッテを教えてもらったの~」という発言から
始まりました。
ミラノに住んでいた頃、精力的にイタリア料理を習ってきたKさん。
自ら「料理オタク」を自認する彼女は、中でも粉モノへの探求心は底知らずです。
オレッキエッテはちょうど次のレッスンで作ろうと思っていたので、
粉遊びをしに再びKさんのおうちへお邪魔しました。
オレキエッテ
これがKさんがプーリアのマンマに習ったというオレッキエッテ。
セモリナ粉に卵が入り、成形もちょっと独特。
今回は私のレシピのセモリナ粉オンリーの物と比較する為、
1.卵入り生地・プーリアマンマ スタイルで成形
2.卵入り生地・La mimosa スタイルで成形
3.卵無し生地・La mimosa スタイルで成形
4.卵入り生地・プーリアマンマのロングパスタバージョン
この4種類を作ることにしました。
仕込み量は全部でセモリナ粉1Kg分!
ものすごい量に挑むことにしたのは、強力な助っ人がいたからなのです。
Kさんのミラノ時代のご友人で、欧州在住歴25年の素敵なシニョーラ、
suzumeさんがご一緒してくださいました~
オレッキエッテだけではなんだから、ということでsuzumeさんに教えていただいたのがCrumpet クランペットというイギリスのパン。
クランペット
こちらのクランペット、イギリスではとてもポキュラーなパンだそうで、だいたいどこのスーパーでも売っているそう。
でも、自家製の焼き立ては感動するくらい美味しかった!!!
表面はカリカリのクロッカンテ、中はふんわりもっちもち。
イーストがふすふす発酵する時にできるこの気泡が、おいしい食感の秘密だそうです。
ジャムなどを塗って食べても良いのですが、suzumeさんオススメはチーズ・クランペット。
チェダーチーズなどを乗せて、オーブンでとろーりとしてくるまで焼けば出来上がり。
「おじいさーんんん!」(注:ハイジ風に)と叫びたくなる美味しさでした。
つまみ食いをしつつ、ついでに今月のレッスンで作ったタラッリを作ったりしながら
オレッキエッテを仕込みます。
が。
やはり1kgは多かった。。。
半分くらいは出来たので、残りは食後にやることにして試食たーいむ。

む?
なんだかお料理増えてる??

あら?
またお料理が増えてる…
さすがシニョーラ達。
粉まみれのテーブルをさっと片付けて、こんな前菜をササっと作って、あっという間に前菜盛り合わせの用意が整ってしまいました。
Kさんが用意しておいてくださった紫玉ねぎのトルタも絶品!
あまじょっぱい味が大好きなので、お代わりしたい誘惑と闘うのが大変でした。。。
ではプリモは私が。

プーリアマンマのオリジナルはシンプルにトマトソースで。
卵入りで薄めの生地なので、ふわんとした食感です。
くぼみが深いので、ソースがたまるようにたっぷり絡んでおいしい~
間にブロッコリーソースと、ペコリーノチーズ&大葉の
2種類のオレッキエッテをはさみ、最後は

じゃん!
Kさんが煮込んでおいてくださった、牛肉のインボルティーニとロングパスタバージョンを
ピアットウニコで。
この頃にはスプマンテで始まったワインも、白ワインを経て、赤ワインへ。
あぁ、また飲んでる。。。
でも、こんなにおいしいお料理を出されたら飲まずにはいられないデス。
そして残ったオレッキエッテ生地の存在は忘れられ…

最後はsuzumeさん特製のチョコレートケーキで締め!
ふかふかしっとりのスポンジは、お腹いっぱいなのに食べれてしまう。。。
先輩シニョーラ方の巧みな料理と話術にはまり、気がついたら滞在時間8時間!
勉強と食事が半々でしたが、お二人の経験に裏打ちされたお料理に関することもたくさん聞けて、粉モノ研究部初回から盛りだくさんな内容で大充実でした。
次回の活動はぜひ我が家で!
お待ちしてます!!
そして、研究部で試作を重ねた結果、
10月のレッスンでは プロッコリーソースのオレッキエッテ を作ることに決定!
現在10月22日(金)11時~のクラスに空席がございます。
ご興味がある方は「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。
シニョーラ方に太鼓判をいただいたレシピ。
おたのしみに~

粉モノ研究部” への4件のコメント

  1. ものすごい8時間でした。
    その充実感たるや、突出しています。
    1人では気がつかないこともみんなですることで、
    いろいろな挑戦&発見につながるのが何ともおもしろかったです。
    それにしても普通の主婦の私とはセンスも行動力違うmimosa様
    ぼ~っと酔っぱらっている間にアレやコレやとお料理は綺麗に盛りつけられ、
    使ったお皿の山は片付けられ感謝感激です。
    ブロッコリーソースにmimosaスタイルのオレキエッテ美味しかった~
    私もレッスン参加したくなっちゃいます!又食べたい(笑)
    粉もの研究部、次回もとても楽しみです。ありがとう~

  2. ひと山向こうのKさま
    いつもありがとうございます!
    次回はottoさまの為にピッツァがよいですかねぇ
    涼しくなってきたので、バターが入るドルチェなんかもよいですね。
    ちょっと考えておきまーす☆

  3. 初参加でありながら、なんとも楽しい充実した時間でした。
    粉ものに、あまりこだわった事がなかったのですが、イタリア料理を習って以来、すごく気になるようになりました。
    kさんの粉好きで驚いていたら、kyokoさんのセンスにも感激です。皆で、あーだこーだ言いながら作るのって、本当に楽しいですねー。
    「お刺身」と思って帰ってきた夫が、気分じゃないイタリアンを出されたにもかかわらず、「うまい、うまい」を連発してました。すぐにおさらいをせねば!
    がっつり喋ったので、びっくりされたのでは?すみませーん、口から生まれたもので、、、。
    次回、また楽しみにしています。我が家へもぜひぜひ。

  4. suzume さま
    いらっしゃいませ!
    こちらこそ、ありがとうございました。
    「お刺身モード」だった旦那サマにも気に入っていただけて、一安心です。
    私もcrumpetにすっかりハマってしまいました。
    チェダーチーズを買ってきて、早速復習したいと思います!
    イギリスのパイ、いろいろ教えてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。