イタリア料理日記2010 ヴェネト州~旅編~

ミラノに夜到着したおっと。
この日はミラノに泊り、翌早朝ユーロスターに2時間揺られパドヴァへ移動。
そこで車に乗り換えて向かった先は、パドヴァから車で3時間のオーストリア国境もほど近い山間部。
ハードスケジュールを敢行したお目当ては、山小屋レストラン「L’Insonnia」を体験してもらいたかったからです。

このエリアはチロル風の建物が並び、冬はスキー、夏は避暑にと、イタリアだけではなくオーストリアやドイツからの観光客も多いそうです。
レストランは口コミで評判が広がったらしく、シーズン中の週末はかなり混雑するとか。
去年の秋にAkiさんに連れてきてもらい、私もすっかりおきにいりになったお店です。

お料理は
・ポレンタ
・キャベツのサラダ
・豆のサラダ
・フィノッキオのグラタン
・牛肉の煮込み
・コテキーノ(豚のソーセージ)
・パスティン(ハンバーグ)
・焼きチーズ
これに赤ワインとカッフェとグラッパがついて、どんなに飲んでも食べても同一料金。
今回はAkiさんがおっとの歓迎会ということで、ご馳走してくださいました!

このボリューム、ちょっとすごいですよね?
真ん中の黄色のものがポレンタで、煮込みのソースなどをかけて食べます。
でもこれはまだ前半戦で、この後パスティンと焼きチーズがやってきます。
このパスティンは私もここに来た時に初めていただいたお料理で、いうならば粗引きソーセージとハンバーグの中間のような食感。
これをグリルにしてただきます。
おっとはこのパスティンがえらく気にいったようで、ポレンタと一緒におかわりしていました。
飛ばすと後が辛いよ?

ほらね(笑)
食事の後、ガイドと運転をしてくれたアントニオ(彼は料理コースの先生でもあります)の知り合いのジェラート屋さんに寄ったら、特大サービスの大盛りジェラートを出してくれました。
この辺りはジェラートが美味しいのでも有名なんだそうです。
イタリア式洗礼を受けたおっとは、この日はもう何も食べられなくなっていました(笑)

イタリア料理日記2010 ヴェネト州~旅編~” への2件のコメント

  1. ryuji_s1さま
    こんにちは。
    いつもありがとうございます。
    山小屋レストラン、いつ行ってもとても美味しいです。
    車ではないと行けないのが、旅行者にはツライところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。