ブロードその後

今月のレッスン、全クラス終了しました!
皆さまお疲れさまでした。
Bigne’ al Limone  なかなか苦戦していたクラスもありましたが、ぜひ一度作ってみてくださいね。
さて、Primo Piattoで作ったBrodo(ブロード)=スープ・ストックですが、
大量に鶏肉が余ってしまいますよね。
レッスンでは手羽元500gを毎クラスで使っていたので、3.5Kgの手羽元達が残ってしまいました。。。
以前、この残りの鶏肉を使って作る美味しいテリーヌをご紹介したのですが、
もっと簡単にできるなかなか美味しいおかずが出来たのでご紹介しますね。
かりかりバジルチキン
かりかりバジルチキン
表面をかりっかりに焼いてありますが、煮込んだ後の鶏肉なので中はほろほろと柔らか。
ダシを取った後なのに、オリーブオイルとバジルに一晩マリネするだけで
びっくりするくらい旨みが戻ります。
作り方を簡単にご紹介します。
かりかりバジルチキン
【材料】
ダシを取った後の鶏手羽元・・・生肉の状態で500g分あったもの
塩・・・約小さじ1杯
EXVオリーブオイル・・・大さじ3杯
バジルの葉・・・4~5枚分
【作り方】
1.ブロードを取った後の手羽元の水気を切り、密閉できる袋に入れる。
2.そこへ塩・EXVオリーブオイル・細かくちぎったバジルの葉を加え、軽くもみこむ。
3.冷蔵庫で一晩マリネする。
4.室温に戻し、フライパンを熱し、強火で全面をこんがりと焼く。
(少し油がはねやすいので注意してください)
うーん、簡単!
簡単なんですが、オリーブオイルのコクがとっても美味しくしてくれます。
きりりと冷えた白ワインやビールとも合いますし、お弁当にもオススメ。
バジルの代わりにタイムやオレガノを使っても良いですし、
カレーパウダーや黒胡椒などのスパイスを効かせても美味しいです。
マリネした状態で冷凍もできますから、ぜひ上手にお料理してくださいね。
レッスンでもお話しましたが、私はスープを取る時はだいたいいつも手羽元を使います。
脂と肉のバランスが良く、骨も付いているのでよいダシが取れるのです。
鶏ガラもスープを取るにはよい部位なのですが、
時間をかけて丁寧に調理しないとかえって臭みなどが出てしまいます。
手羽元でしたら簡単で美味しいスープが取れるので、家庭向きだと思います。
市販のコンソメスープの素なども手軽でいいのですが、やはりきちんと取ったスープにはかないません。
ぜひ一度ブロードを作り、その後の手羽元まで美味しく食べきってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。