DOLCETTO DI DOGLIANI  ドルチェット ディ ドリアーニ

が家にやってきました。
さんまのサラダ
仕事の打ち合わせが目的だったのですが、
飲んでもらいたいワインがあったので最初から飲み会モード。
まずはきりりと冷えた、ソアヴェ クラシコで乾杯しました。
イタリア土産のチーズや、お友達に教えてもらったレシピをアレンジして作った
秋刀魚とセロリのインサラータなど、アンティパストをチケーティ風にして
家呑み仕様でスタートです。
飲みたかったワインはコチラ。
DOLCETTO DI
『DOLCETTO DI DOGLIANI』
実はこのワイン、最近ご縁があって懇意にしていただいている
日本でイタリアワイン界の第一人者と言われるある方が、
私をイメージして例えてくださったワインです。
曰く「名前に反して辛口で、男性的で生活感がなく個性的。
未熟さとしっかりした骨格を併せ持つワイン」だそうです。
思い当たるような…
合わせたお料理は『栗と鶏肉のオーブン焼き オリーブ風味』
水分の抜けた白身肉のむっちり感と、ほくほくした栗の食感が楽しいお料理。
鶏肉の脂をワインの滑らかなタンニンがスムーズにしてくれる、相性のよい組合せになりました。
簡単に作り方をご紹介します。
『栗と鶏肉のオーブン焼き オリーブ風味』
【材料・約3~4人分】
鶏肉(出来れば骨付き肉)…600g
塩…小さじ1弱
セージ…適量
オリーブオイル…大さじ2~3
栗…鬼皮を剥いたもの5~6粒
オリーブ…6~8粒
【作り方】
1.鶏肉に塩、ちぎったセージの葉とオリーブオイルをまぶし、
オリーブを加え、1時間ほどマリネする。
2.栗は半分に割り、1に混ぜ合わせる。
3.耐熱皿に材料を入れ、200℃のオーブンで30分~40分ほど焼く。
今回はワインの風味を楽しみたかったので香りの優しいセージを使いましたが、
栗と相性のよいローズマリーでもおいしく作れます。

姉のお土産のケーキと残った栗を焼き栗にして、飲み会は続きました。
打ち合わせはまた後日ということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。