北京家庭料理 北京亭

毎月恒例のレッスン後の打ち上げ。
こちらも帰国後のお楽しみにしていた中国料理を、おきにいりのお店へ食べに行きました。
羽餃子
羽のレース模様も芸術的な『焼き餃子』
焼き餃子は日本で発展した中国料理ですが、お店の中国の方が作ると一味違います。
厚めのもちもちの皮に包まれている餡には、干し貝柱などの山海の旨みがたっぷり。
まるで小籠包のように、噛むとおいしいスープがあふれます。
大好物のピータンと一緒に、ビールが進みました。
白身魚のレモンソース
こちらは『揚げ白身魚のあんかけレモン風味』
このお店の私のおきにいり料理のひとつです。
一口大に揚げた白身魚は衣がかりかりで、中身はふわふわ。
甘みとかなりの酸味が効いたソースは、お醤油の入らない酢豚ソースのよう。
それでいてくどくならないのは、みじん切りのレモンが入っているからでしょうか。
香りは爽やかなんですが、にんにくも効いてるので疲労回復メニューにぴったりです。
他に『ホタテの柔らか蒸し』『ラムと長ねぎの炒め物』『子持ち白魚のフリット』
『カニチャーハン』などなど、たっぷり食べて(食べすぎ…)飲んで、2人で7千円ほど。
このお店があると、中華街への足が遠のいてしまうんですよね。
気取らずにたっぷり中国料理が食べたい方、オススメですよ!
中華料理 北京亭
住所:横浜市港北区綱島西3-1-16塩澤ビル1F
電話:045-541-3983
営業:昼 11:30~14:30 夜 17:00~23:30 土日祝日 17:00~22:30
オススメは主菜や副菜のお料理。
おつまみっぽいメニューも充実していて、1皿500円からととってもリーズナブル。
残してしまっても、お店の人にお願いするとお持ち帰り用の容器をいただけます。
お店の中国人の方達はみんなとっても親切で、居心地がよいですよ。
紹興酒 熱燗
寒いので紹興酒のお燗をお願いしたら、この通り(笑)
こういう気取りのなさも、居心地のよさのひとつかも。
 

北京家庭料理 北京亭” への2件のコメント

  1. うわ~この餃子!たまりません。
    ため息が出ちゃうほど美味しそう。。。
    ミラノでは白菜が出始めました。
    日本のとちょっと違うけど、今週餃子作ろうかな。
    イタリアンは思っていたより食べ続けても飽きないですが、
    こういう強烈なインパクトのお料理を見ると気分が伝染しちゃいます。

  2. Kさま
    こんにちは。
    やっぱり目の毒ですよね(笑)
    でもKさんならミラノでも美味しい中国料理が作れそう。
    白菜もメルカートで買えるんですか?
    やっぱり都会だなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。