やきそばレシピ ~いかときゅうりの塩焼きそば~

先週からイタリアンな日々が続いています。
ここ数日、イタリアから帰国している友人のパーティーのお手伝いをしておりました。
イタリア好きな方々の集りで、私も楽しくお料理させていただきました。
そして、今週末からは7月のイタリア料理教室もスタートします。
そこで、イタリアンはちょっと休憩。。
息抜きに、新作やきそばを開発してみました。
いかと胡瓜の塩やきそば
『いかときゅうりの塩やきそば』
【材料・約2~3人分】
いか・・・2ハイ
すりおろし生姜・・・1片分
酒・・・大さじ2
ごま油・・・大さじ1
塩・・・2つまみ
きゅうり・・・3本
塩・・・2つまみ
油・・・大さじ2
ナンプラー・・・小さじ2
黒胡椒・・・適量
青葱・・・適量
中華蒸し麺・・・3玉
【作り方】
1.いかはワタと皮を取り除き、食べやすい大きさに切る。
 すりおろし生姜・酒・ごま油・塩をまぶしておく。
2.きゅうりは麺棒などでたたき、手で食べやすい大きさに割る。
 塩をまぶしておく。
3.フライパンに油を熱し、いかを炒める。
 白っぽくなってきたらきゅうりも加えて更に炒める。
4.3の具をフライパンの端に寄せ、レンジで軽く温めておいた中華蒸し麺を加える。
 材料から出てきた水分を絡めるようにほぐし炒める。
5.全体がなじんだら、鍋肌からナンプラーをまわしかける。
 適当な長さに切った青葱を加え、さっと混ぜ合わせる。
6.器に盛り付け、好みで黒胡椒をふる。
調理のポイントは、
いかに下味をつけた調味料と塩をしたきゅうりから出てきた水分をそのまま加えること。
こうすることで、麺に素材の旨みがよく絡みます。
ナンプラーを香ばしく香らせるために、鍋肌から加えるのも重要です。
そして、きゅうりを叩ききゅうりにするのも、水分の多いきゅうりに味をなじませる秘訣です。
いかときゅうり。
特に炒めたきゅうりは少し意外かもしれませんが、歯ごたえを残しつつ加熱すると、
青くささがよいアクセントになります。
ナンプラーと黒胡椒も夏らしい風味で、ビールのお供に最適ですヨ。
ビールと言えば…
今月のレッスンのお料理には、イタリアのビールがお供に登場します。
皆様、お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。