ナチュラルレストラン N_1155

立ち飲みコップ酒もどんとこい!な私ですが、
ステキ女子(Cっち、書いたよ~)と食事の時は、お店選びにそれなりに気を使います。
先日は学生時代からの友人との久々の食事。
彼女がちょっと病み上がりなのもあって、体に良さそうなレストランを見つけて行ってきました。
桜の花びらが散る目黒川を横目に、Natural Restaurant N_1155というお店へ。
ここは地産地消を提唱する自然派レストランで、
自家農園や近郊農家から直接仕入れした野菜をふんだんに使い、
素材を活かしたお料理を食べさせてくれます。
1Fと2Fにフロアが分かれていて、1Fはバル風のお料理、
2Fはイタリアンがベースのお料理がいただけます。
2Fの方がゆったりしているとのことで、こちらに席をお願いしました。
バーニャカウダ
まずはお店の方お勧めのバーニャカウダ。
たっぷりの野菜を、クツクツいうバーニャカウダソースに付けながらいただきます。
見た目もきれいで、うきうきする一皿。
手もおしゃべりも止まらない状態に。
ラムロティ
春キャベツで巻いたラムロースト タプナードソース
柔らかなラムを春キャベツで巻き、絶妙な火加減でローストしたお料理。
タプナードソースもブラックオリーブのコクはあるものの、
くどくなり過ぎないぎりぎりの塩加減でお肉と野菜の味がよく分かります。
添えられたグリル野菜もおいしく、お肉なのにガツンとしない不思議な感覚。
イベリコ豚のグリル
もう1品お肉料理。
イベリコ豚のグリル アボカドのディップサラダ仕立て
「シェアしていただきたい」と伝えてあったので、お店の方が取り分けてくださいました。
カジュアルながら、このサービスは嬉しい。
ピンク色に染まったイベリコ豚のグリルは脂身も甘く、
酸味のあるアボカドディップにぴったり。
サラダ野菜もたっぷりで、豚肉のこってり感をバランスよくさっぱりとさせてくれます。
友人と相談して決めたフランスの赤ワインともよく合いました。
(結局飲んでる…)
お肉の断面を見ていただくと分かるかと思いますが、火入れ加減が抜群に上手なんです。
塩加減やオイルの加減など、素材の味を活かす調理法はかなりのハイレベル。
カジュアルな佇まいなのですが、つかず離れずのサービスはこなれていて、
とっても居心地がよいお店でした。
Dolce
居心地がよくてついつい長居を。。。
ドルチェを盛り合わせにしてもらって、ハーブティーでおしゃべり続行。
気がついたら、終電ぎりぎり。
なくなったらポットにお湯を継ぎ足してくれたり、お冷がハーバルウォーターだったり、
女子心をくすぐる仕掛けが満載なんです。
おいしくて、体にも嬉しくて、居心地がよくて。
中目黒界隈は穴場的お店が多いので、大好きなエリアです。
Natural Restaurant N_1155
住所 東京都目黒区中目黒1-1-55
電話 03-3760-1001
URL  http://www.n1155.jp
女子だということを思い出させてくれる、貴重なお店です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。