イタリアごはん日記8:ナポリ ピッツェリア編

山の幸を堪能した後は、当然お魚が食べたくなります。
お天気が良さそうな日を狙って、ナポリに行ってきました。
とその前に、ナポリと言えばピッツァ!
お魚は夕食で食べることにして、昼食はピッツェリアへ。
Pizzeria
ナポリの老舗人気店『Pizzeria Di Matteo ピッツェリア・ディ・マッテオ』に行ってみました。
店頭はテイクアウトをする人で行列が出来ています。
入るとすぐに石釜があり、ピッツァが次々に焼かれていて
活気溢れる様子に期待が高まります。
美味しそうなメニューに目移りしそうになりますが、
やっぱりピッツァ・マルゲリータを食べなくては!
Pizza
キタ!
大きい~
彼方にナイフとフォークがあるのが分かります?
直系40センチ近くあるピッツァは、ふちが炭火でこんがりと焼けていて、
溶けたモッツァレッラからは湯気が出ています。
ナイフで切り分けながら、ソースをこぼさないようにしながら、熱々を頬張ると、
炭の香ばしい香りと小麦のふくよかな味が広がります。
おいしいな~♪
かなり大きいので、日本の人には(特に女性には)多いかもしれませんが、
こちらでは1人1枚オーダーするのが普通です。
私はビールと一緒に、全く問題なく完食。
お腹がいっぱいになったので、街を散歩しました。
ナポリの街は食べ物屋さんが多いのも特徴的です。
切り売りのピッツァやドルチェを売るお店が、狭い街にひしめき合っています。
Dolci
ナポリはドルチェが美味しいのでも有名です。
ババ・スフォリアテッラ・カンノーリ…
カッフェもイタリアで1番美味しいと言われています。
Sfogliatella
お腹いっぱいだったけど、人が溢れているバールについふらふらふら…
カッフェと一緒に、大好きなスフォリアテッラを食べました。
何層にもなったさくさくカリカリのパイ生地の中に、
リコッタチーズをレモンで風味つけたクリームが入っています。
食べる度にたつ音も楽しい、おいしいお菓子でした。
そうそう、ナポリではカッフェと一緒にお水も出してくれるんですよ。
これはちょっと嬉しい♪
引き続き、街をうろうろうろ…
バイクや車がせまい路地を猛スピードで駆け抜けていく街は、
かなりエキサイティング。
混沌とした雰囲気は、他のイタリアのどの街とも違う不思議な魅力があります。
Spremuta
歩き疲れたので、また休憩。
オレンジを絞ったフレッシュジュースを飲みました。
お砂糖がついてきますが、日本人には充分甘くて美味しいジュースでした。
オレンジの旬って?、と思ったのですが、この後自分の目で確かめることに。
南イタリア編、続きます。
Pizzeria Di Matteo
住所  Via Tribunali, 94 – Napoli Italy
電話  081.455262
定休日 日曜日、8月の第2週と第3週
サイト http://www.pizzeriadimatteo.it

イタリアごはん日記8:ナポリ ピッツェリア編” への4件のコメント

  1. ナポリ!
    あそこのコーピーを飲むと、こっちのコーヒーが、なんだか味のない泥の水か、と思えるほどおいしいよねえ~。

  2. ryuji_s1さま
    南イタリアは未踏の地だったので、堪能しました。
    ピッツァおいしかったですよ~
    diamundさま
    パリのカッフェも美味しかったけど、
    やっぱりナポリは一味違うよね~
    そういえば、初イタリアはナポリって言ってたよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。