イタリアごはん日記5:ピティリアーノ編

引き続き寄り道を続けながら、
今回の最終目的地『Pitigliano・ピティリアーノ』にやってきました。
Pitigliano
トスカーナでは珍しい、凝灰岩の街です。
詳しくは友人が管理人のサイト、アーモ・イタリアの『ピティリアーノ』を読んでみてください。
興味深い歴史背景がある街です。

カッフェをしてたらとっぷりと日も暮れてしまいました。
街中の散策を始めると、夕食の買い物をする人たちとすれ違います。
そんな中で見つけたお店に見覚えのあるものが…

あぁぁぁ
ここにも猪が。。。
オルヴィエートが猪で有名なのは先日も書きましたが、
まぁこのあたり一帯同じなんですよね。
このお肉屋さんは猪や豚肉の加工品も多く、全てお店で手作りしている様子でした。

びっくりしたのが、そのお値段。
オルヴィエートに比べても格安です。
パンチェッタなんか、日本の豚こまよりも安いくらいです。
友人も「今まで見た中で1番安い」と言っていました。
こんなところで夕飯の買い物ができたらいいなぁ。。。

というわけで、買ってきましたヨ♪
こちらはお店のひとオススメの「レバー入り生サルシッチャ」!
そう、生で食べられるサルシッチャなんです!!
イザとなったら翌日はトイレに篭ればいいや~と言いながらいただきました(笑)
豚の脂とレバーがねっとりとしていて、濃厚さが舌に絡まります。
かすかな野性味と赤ワインの風味が鼻腔を抜けて、脳のアドレナリンが噴出するカンジ。
これを食べると何だか興奮しちゃうんですよ。
そんなテンションでワインがすすまない訳がナイ!
翌日、腹痛ではなく二日酔いがやってきたのは言うまでもありません。

イタリアごはん日記5:ピティリアーノ編” への6件のコメント

  1. こんばんは 初コメント です(*^_^*)
    生サルシッチャ
    食べてみたいような、ちょっと怖いような・・・
    お腹壊さなくてよかったですね
    今度、二日酔いにならないクスリを紹介させていただきます!!
    効きますよ~(* ̄ー ̄)v

  2. Ciao!!お久しぶりです。
    何とか生きてる感じですが、このブログにものすごく癒されました。
    私も行きたいです。私も一緒にテーブル囲みたいです。
    いいないいな~。
    懐かしきイタリア、、、オルビエート、、、。
    Buon Viaggio
    またメールしますね。

  3. ええぇxxx!?!?これがお肉屋さん!?
    叶姉妹ならぬ猪姉妹がいるからなのか、ここで捌いちゃってます!みたいなちょっとワイルド&ダークな空気漂わせちゃってる感じなんですが。。。
    ここって、イタリアン8段ぐらいじゃないと全然入れる気がしないんですけど、イタリアじゃあ普通なんすか?!
    もしかして、びびってるのはチキンな私だけか。。。

  4. イタリア生活楽しんでるね~♪
    私もこの記事みてたらワイン飲みたくなってきたわ
    いろんなこといっぱい吸収してきてまたおいしいごはん作ってね!?
    私もイタリアで美味しいごはん&ワインのみた~い

  5. diamundさま
    叶姉妹!
    確かにね~(笑)
    こういうの、フランス人も好きだよね。
    kyokoさま
    こんにちは!
    生サルシッチャは私でも勇気が要りましたが、
    お店の感じがとてもきちんとしていたので、トライしてみました。
    おいしかったですよ~
    二日酔いのクスリ…
    行く前に相談しておけばよかったです。。
    misakoさま
    Ciao!
    Come va?
    Mi preoccupo per te…
    Aspetto la tua E-mail.
    ciao ciao.
    toriさま
    ここのお肉屋さんはちょっとワイルドです。
    日本と同じようなスタイルの普通の精肉屋さんも、もちろんありますよ。
    まぁ、どちらにしてもお店の人が親切に聞いてくれるので大丈夫!
    etroさま
    ちゃお☆
    慌しくしていて、出発前に連絡できなくてごめんね。
    帰ったらごはん食べよ
    タイ料理屋さんに行こう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。