節分

昨日は節分でした。
皆さんは豆まきしましたか?
季節の行事や慣習に熱心だった両親の元で育ったので、
大人になった今でも何となくやり過ごすことができません。
最近では『恵方巻き』という関西で節分の日に食べられる巻き寿司が関東でも流行っていますが、
小さな頃からの習慣でやっぱり目刺しは譲れない!
でも、炒った大豆や目刺しってそんなに食べられませんよね。。。
そこで、こんな風にアレンジしてみました。

大豆だと食べにくいので、家にあった白いんげん豆と塩鱈をローズマリーを加えてコトコト煮込みました。
オリーブオイルをふりかけて食べると、おいしくてたくさん食べられます。

目刺しはタイムを乗せて、オリーブオイルを振ってオーブンで焼きました。
タイムの清涼感のある香りで、目刺しの臭みも気になりません。
香ばしい焼きたてにレモンをキュッと絞っていただきました。
日本の伝統行事ですが、お料理をイタリアンにアレンジするのも面白いですヨ。
今年は福がたくさんやってきますように!!!

節分” への2件のコメント

  1. こんにちは。
    節分に豆まきってのは子供の頃やったし、
    恵方巻きは浜松でメジャーだったので知ってましたけど、
    目刺しというのは初めて聞きました。
    これって、節分の日には目刺し食べる ってことなんですか?
    別に豆と一緒に目刺しまくわけじゃないですよねぇ~^^;
    こういうのって地域性が出て面白いですよね。:)
    #って私も横浜出身のはずなんですけどね。。。
    あ、それとメールの返事が滞っててごめんなさい~。
    全て了解です、手配しておきますねん。:)

  2. さばぇさま
    こんにちは~
    私の出身の水戸では、目刺し、厳密には鰯の頭を柊の枝に刺し玄関などに飾ります。
    悪臭で邪気を払う目的です。
    子供の頃は節分の夕食に鰯を食べて、その頭を使って柊鰯を飾っていました。
    でも、よく考えると臭いニオイに福は逃げないの?と素朴な疑問が…
    と、とりあえず、今回は食べるだけにしておきました(゚ー゚;A
    手配など、おまかせしてしまってお手数おかけします。
    イタリアに入ったら、バスの時刻などまたメールしますね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。