イタリアのパン粉

イタリアのパン粉は日本のパン粉と違って粒子が細かく、サラサラです。

あらゆるイタリア食材が手に入る日本でも、このパン粉はなかなかお目にかかれません。
そこでレッスンではバケットを乾燥焼きさせてフードプロセッサーで挽き、目の粗いザルでこして
手作りしています。
私の先生から習った方法ですが、この方法で作っている方は多いようです。
でも、どうしても細かくしきれない、粗いパン粉が残ってしまいます。
私はそれを別に取っておき、ソースのとろみ付けに使ったり、詰め物に使ったりします。
そんな方法で作ったお料理がこちら。

パン粉を詰めた鰯のオーブン焼き
このパン粉に、にんにく・ケイパー・グリーンオリーブ・イタリアンパセリなどをみじん切りにし、
パン粉と混ぜます。
開いて塩を振った鰯にフィリングをはさみ、耐熱皿に並べます。
上からたっぷりのオリーブオイルをかけて、残りのフィリングを散らし、
180℃くらいのオーブンで20分ほど焼いて出来上がり。
レモンをきゅっと絞っていただきます。

「秋刀魚もいいけど、鰯もやっぱりおいしいね~」と言いつつ、気が付いたらお皿が空っぽ。
確か、全部で15匹くらいいたハズ…
食欲の秋、ばく進中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。