6月のレッスンメニュー

6月のレッスンがスタートしました。
Antipasto   Frittata di GOYA e Gorgonzola
フリッタータ ゴーヤとゴルゴンゾーラ
ゴーヤとゴルゴンゾーラのフリッタータ
Primo Piatto  Fusilli al Pistacchio e Basilico
ピスタチオとバジルのパスタ
ピスタチオとバジルペーストのフジッリ
Secondo Piatto  Pollo all’Olio d’oliva
,チキンのオリーブオイル煮
チキンのオリーブオイル煮
そして、おまけのDolceは
紅茶のクレームブリュレ
紅茶のクレームブリュレ
アンティパストのフリッタータは、私の大好きなイタリアの家庭料理。
でもシンプル&簡単なので、具材の組み合わせと盛り付けで遊んでみました。
プリモピアットは、ペストジェノベーゼをアレンジしたソースを作りました。
バジルの量は控えめにし、コクのあるピスタチオを使うことで
ペストジェノベーゼよりも優しい味わいです。
こちらも私の好きなフジッリを合わせてみました。
セコンドピアットは、オルヴィエートのトラットーリアで食べたお料理をヒントに考案しました。
これぞイタリア料理の真髄!という無骨さが、ストレートに響きます。
これからの時期、白ワインとの相性もバツグンですヨ。
レッスンでは旬の食材を取り入れることに重点を置いていますが、
レッスン時の気候もメニュー決めの重要なポイントとしています。
週間天気予報などで天気と気温予想をにらみつつ、結局前日まで悩むことも。。
今月は先週から暑かったり寒かったりが激しかったので、3パターンくらいメニューを用意していました。
でも生徒さんのおいしいカオを見ていたら、このメニューにしてよかったな~と、安心しました。
今週末のクラスの皆様も、どうぞお楽しみに!
【お知らせ】
今週14日(土)11時~のレッスンに、1席空席ができました。
ご都合のよろしい方は、お早めにお申し込みください。
なお、お申し込みは先着順とさせていただきます。
御連絡いただくタイミングによっては満席となってしまうこともありますが、
どうぞご了承ください。
お申し込み・お問い合わせはコチラ

6月のレッスンメニュー” への2件のコメント

  1. これは素晴らしい料理コースですね!!!
    食べるだけしか能のない僕が言うのも偉そうですが、120点です(笑)。
    まるで僕のために作ってくれたかのようです。。。
    僕もフリッタータは大好き。あの野菜のうまみと水分が卵と混ざって、優しい味わいになるんですよね。入れる野菜によって味の表情が変わるのも飽きがこなくて万人から愛される秘訣だと思います。僕はプチトマト入りが好きです。イタリア料理として存在するかは不明ですが・・・。
    ピスタチオのフジッリか、これも渋い、僕好みのパスタです。「パスタの真髄はショートにあり」と言ったのは僕ですが、やっぱりショートパスタの旨さに目覚めると病み付きになります。しかもシンプルソースで小麦粉の味も味わうのが一生パスタと付き合っていく秘訣です。EXバージンを上からかけるともうそこはパラダイスです。
    チキンのオリーブオイル煮、いいですねぇ~。邪道ですが、僕は一緒に大量の人参の乱切りも煮てでコントルニ(つけ合わせ)にします。鶏肉の代わりに砂肝でやっても美味しいですよ。もうイタリア料理ではないですが・・・ちなみに砂肝の場合は大量のバジルを入れるとかなり旨いです。
    クレームブリュレもシンプルで王道で美味しいドルチェの代表格ですよね。しかも紅茶なんて・・・オ・シャ・レ。名前はさらに格好つけて「ダージリンのクレームブリュレ」とか「アールグレイのクレームブリュレ」というのもアリかな?それともやり過ぎかな?
    今、22時でまだ夕食を食べていないので、ついつい美味しそうな写真に興奮してしまいました。今からなんか食べます。。。

  2. やった!高得点!!(笑)
    まるでもう一つの記事みたいな詳細コメント、ありがとー
    >「パスタの真髄はショートにあり」と言ったのは僕ですが、
    ↑これ面白かった~(あれ?笑うところだよねココ?)
    そうですね、ショートおいしいですよね。
    たっぷりの塩を加えて茹でてオリーブオイルかけるだけでも、ショートパスタだとおいしさが違う気がします。
    砂肝のオイル煮は絶対試してみます!
    むっちりしておいしそう♪
    クレームブリュレは、実際アールグレイを使ったので名乗ろうかと思ったのだけど、香りが飛んでしまって。。。
    改良しまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。