イタリアごはん9

電車の旅がおきにいりなので、またまた遠征に出かけました。
今回は、トスカーナの丘の上の街、シエナです。
シエナは電車でも直通の便が多く、1時間強で着いてしまいます。
バス便も便利ですが、やはり大好きな電車で出かけることにしました。
出発したのがお昼前だったので、着いて早々ですが昼食を食べることに。
メニューを眺めていると、トスカーナ地方の手打ちパスタ、ピーチを発見!
まだ食べたことがなかったので、これとコントルノをお願いしました。
トスカーナの手打ちパスタ ピーチ
シンプルにトマトソースのものを選び、チーズをたっぷりかけていただきます。
ピーチは日本の讃岐うどんに近いパスタで、かなり食べ応えのあるパスタです。
お肉を煮込んだソースなどでも食べるのですが、私はこのパスタはシンプルなソースの方が好み。
モチモチの生地を楽しみたいからです。
噛み応えがある分、お腹にもたまるんですけどね。
もう一皿はコントルノ(付け合わせ)にしておいてよかったー
と、そうはいかないのがイタリア…
やってきたのが
トスカーナのコントルノ
…えーと、セコンド?
付け合せらしからぬ風貌に、思わずナイフとフォークを持つ手が止まりました。
写真だと分かりにくいですが、私の指先から手首くらいまでの大きさです。
高さも5センチくらいはあります。
メニューには「キャベツのスフォルマート」とあったのですが、
付け合わせだし、凝った付け合わせだからそんなに量はないだろうと思ったのですが…
(お値段も安かったし…)
やわらかく蒸されたキャベツが、たっぷり(!)の玉子でオムレツのようにまとめられています。
チーズもふんだんに使われているようで、表面の焦げも香ばしく、おいしそうな香りが漂います。。。
うー
うぅー
…完食っ!
最後の方は「オタフクソースかけて食べたいなぁ・・・」など
不謹慎なことを考えてしまいましたが、どうにか完食しました。
『ひとりでも、1店2品!』をノルマと課している、今回のイタリアごはん旅。
お店のひとの自信ありげな対応にも、応えたいですしね。
まだまだ、がんばりまっす!
シエナの街あるき
その後は日が暮れるまで、街をひたすら歩き続けました。。。
シエナの街は、くすみをおびた赤色の石造りの建物が多く、まるで夕陽の中をあるいているような、
そんな気分にさせてくれる美しい街でした。

イタリアごはん9” への2件のコメント

  1. ピーチとはパスタのことだったのですね。
    この日の記事をなぜか飛ばしていたため、昨日のような質問をしてしまいました。

  2. ミエッチさま
    そうなんです。
    ピーチはパスタの名前です。
    でも多分、讃岐うどんのような食べ方をしてもOKです。
    釜玉とか。
    あぁ、かまたま、かまたま、かまたま…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。