イタリアごはん2

オルヴィエート2日目。
午後から、車で1時間ほどの場所にあるトーディに向かいました。
目的はチーズ工場でチーズの試食・説明を受けるためです。
少し早めに着いたので、街を散策。
TODI
あいにくの霧模様でしたが、中世の趣を完璧に残した石造りの街は
坂道を上る途中途中の壁沿いに手入れが行き届いた草花が飾られ、
とても情緒がありました。
歩きつかれたので、軽く昼食をとることに。
caffe
イタリアのBar(バール)によくあるパニーニですが、
チーズとハムのみというシンプルさなのにとても奥深い味になります。
これにカッフェで完璧!
フランスでもコーヒーというとこのエスプレッソタイプですが、
イタリアで飲むカッフェの方が力強くコクもあるような気がします。
久々のイタリアのカッフェはやっぱりおいしい!!!
時間になったのでチーズ工場へ。
併設の直売所へ案内していただきました。
formaggi
フレッシュなものから熟成されたものまで、様々なチーズが並びます。
formaggi
formaggi
formaggi
formaggi
yogurt
中には作りたてのヨーグルトもありました。
そしていよいよお楽しみの試食へ♪
fromaggi
・・・って、あのー、これで何人分!?
ご親切に赤白のワインまで用意してくださっていました。
チーズもそれぞれに合ったスパイスやソース、ナッツ類までトッピングしてくださり、
全部試さない訳にはいけません。
牛乳・山羊乳・羊乳と様々なチーズでしたが、
熟成されたチーズですらミルクのフレッシュな香りが溢れています。
濃厚でいてデリケートな香りと味わいは、出来立てならではでした。
多分、生涯で一番チーズを食べた日になりました。。。

イタリアごはん2” への2件のコメント

  1. 初めまして生徒です。毎日毎日、お肉に生ハム、そしてチーズ、ワインですか?羨ましいです。そしてよだれがでます。凄すぎですよ。来月のお教室に出られないのでまさかパソコン持って行っているとは思っていませんでしたので・・先生の様子が解り楽しみです。質問・前回のイタリアと物価はいかがですか?それと寒いですか?風邪ひかないように又たくさんたくさん教えてくださいね。

  2. クダマキゴンベさま
    ハンドルネームに、思わず笑ってしまいました(笑)。
    こんにちは。
    そうですよね、確か前回のレッスンの時には「メールのご返信が滞ります!」と宣言していましたから。。。
    おかげさまで、現在は快適なネット環境にあります。
    ごはんもおいしいですヨ。
    ご質問の件ですが、物価はやはり円換算すると若干高く感じます。
    ですが、私は物価の高いパリからユーロ圏に入ったので、
    イタリア価格にそう抵抗を感じていません。
    うーん、でも、日本からダイレクトだと感じるのかな??
    何をチョイスするかによるかと思います。
    気候に関しては、今私がいるフィレンツェは思いのほか暖かいです。
    体感温度的には、朝晩と寒い日は東京より寒く感じますが、
    その他は同じくらいでしょうか。
    ただ、北イタリアも周遊されるなら、防寒はしっかり備えた方がよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。