正しい居酒屋さん

それは、とある寒い冬の夜のことでした。
某所で軽く食事をした帰り、駅までの道をとぼとぼと歩いていたときのことです。
その夜はこの冬の最低気温を更新したとても寒い日で、思わずコートの襟をたててしまうほどでした。
あまりの寒さに眠気も襲ってきて「このまま駅までたどり着けるかなぁ~」とぼんやり考え始めたとき、
遠くに“ぼぉ~”と行灯の灯りが見えたのです。
「寒いね~」「そうだねー」「はいろっかー」
連れとも意見が一致し、吸い込まれるように入ったそのお店は・・・
とても、とても、とても!
正しい居酒屋さんだったのです。
熱燗を頼むと、かごにおちょこをたくさん持ってきてくださいました。
好きなおちょこを選び、飲みながらお料理を選びます。
お煮しめ
薄味のお煮しめ
金目鯛
金目鯛のお刺身
焼きおにぎり
桜えびの焼きおにぎり
この日は他に、かすべの空揚げ・ぬか漬けの盛り合わせなどもいただきましたが、
どれも優しい味でお酒がすすみました。
(軽い食事後というのは忘れてください・・・)
私の考える「正しい居酒屋さん」とは、
・お酒とお料理がおいしい
・お料理はもちろん手作り
・当日ふら~っと行っても入れる
・時間制限がない
・お店の人とお客さんの距離感が絶妙
・敷居もお値段も高くない
こんな感じでしょうか。
最近の居酒屋さんはインテリアや流行のお酒を置くことに一生懸命で、
肝心な居心地のよさを忘れているような気がします。
頑張ってるお店もメディアに取り上げられてしまうと、予約困難な人気店に・・・
居心地が良くて通いやすい、おきにいりのお店を見つけるのってなかなか難しいですね。。。
101
洋風の名前ですが、民家を利用した和風のこじんまりとした建物です。
「実家ごはんみたい~」とは、後日一緒に行った友人談です。

正しい居酒屋さん” への3件のコメント

  1. いいですね、正しい居酒屋さん。
    吸い込まれるように入っていったなんて(笑)そういう気持ちわかるな~。
    私も行きたい、こーゆーかんじのところ。
    お料理もさることながら、好きなおちょこを選ぶというのが楽しそう。粋ですね。
    ところで、、、「かすべ」とはどんなものなんですか?
    お魚ですか?

  2. >usaさま
    行きますか♪
    遠いので、完全武装してきてください。
    >ミエッチさま
    わざわざお誘いするようなお店ではないかもしれませんが、
    ミエッチさんもぜひご一緒に♪
    「かすべ」は「えい」のことです。
    北海道ではよく食べます。
    コラーゲンとナンコツの感じが何ともおいしくて大好きで、
    札幌に住んでいたときにはよく食べました。
    普通にスーパーで売っているんですよ。
    たまーに、こちらのスーパーでもみかけます。
    コラーゲンが豊富なので煮こごりにもします。
    それか、この空揚げが代表的な食べ方ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。